新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年11月23日

大粒ラムネ

『日経クロストレンド』に「森永大粒ラムネが飛躍 1.5倍に大きくしたら売上2倍に」という記事が掲載されていました。

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2019年ヒット商品ベスト30」15位に「大粒ラムネ」が選ばれた。大人向けにラムネ粒を1.5倍に大きくした製品が、定番の「森永ラムネ」を超える勢い。「集中力アップにはブドウ糖」の意識が社会人にも定着した。
(中略)兆しは2014年ごろからあった。SNSで「勉強中の集中力アップには、ラムネが効果的」というクチコミが受験生を中心に広まり、森永ラムネがじわじわと販売数を伸ばしたのだ。ラムネの成分は90%がブドウ糖で、ストレートに脳の栄養になる。
 この動きを受け、森永製菓は仕事中に食べる大人向けのラムネを企画する。当初はウコンやかんきつ類が入ったラムネを製品化したが、いずれもヒットせず。そこで“原点回帰”して投入したのが、通常のラムネ粒を1.5倍に拡大し、音がせず携帯しやすい小袋パッケージに入れた大粒ラムネだ。
(『日経クロストレンド』より抜粋)


 

キーワード:



「1.5倍にしたら2倍になった」というのは、費用対効果としては抜群です。

しかも、はじめウコンやかんきつ類が入ったラムネを製品化ところヒットせず、「元のまま大きさだけを変えたところ大ヒットとなった」というのが面白いです。


いったい、何がヒットの要因だったのでしょうか。


そもそも「1.5倍」というのは、それほど大きいわけでもありません。

また、(元々の)ラムネ自体が小粒なので、たくさん補給したければ、2粒食べればよいだけの話です。


「2倍」では多すぎたということでしょうか。


個人的には、単に「ラムネを食べる理由」が欲しかったのではないかと考えます。


ラムネはロングランのヒット商品ですが、それほど “積極的に” 食べるものでもありません。

しかしその一方で、“たまに食べてみたくなる” 食品(お菓子)でもあるのです。


そこに来て

 @ 集中力アップにはブドウ糖が必要
 A ブドウ糖の摂取にはラムネが効果的
 B 1.5倍の “最適サイズ” なラムネが登場

という情報がぴったりとはまって “ヒット商品” となったのではないでしょうか。


これから先は、このヒットを受けて、大粒ラムネの様々なバリーエーション(味違い、色違いなど)が増えていくように感じます。


posted by Descartes at 14:35 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする