楽天市場

2020年01月28日

ごはんバーガーとライスバーガー

日本マクドナルドが「ごはんバーガー」という新メニューを発売するそうです。


 ごはんバーガー.jpg

 こちら >> ボリュームアップ 夜マック | McDonald&'s Japan


このニュースを聞いて、多くの人(おそらく全ての人)が思い浮かんだのが、モスバーガーの「ライスバーガー」のことではないでしょうか。


 こちら >> ライスバーガー 誕生物語 | モスの想い | モスバーガー公式サイト


モスバーガーがライスバーガーを開発した “想い” は「日本人の主食であるごはん(お米)を食べて欲しい」ということであったようです。

そして、その結果、たどりついたのが、今ではお馴染みとなった “焼きおにぎり型” のライスプレートです。

中にはさむもの(具材)は、当然ながら “ごはんに合うもの” が選ばれました。


一方の、マクドナルドのごはんバーガーはどうでしょうか。


スタイルは、モスバーガーの「焼きおにぎり型のライスプレート」を “そのまま” 踏襲しています。

しかし、中にはさむ具材には “大きな違い” があります。


マクドナルドのごはんバーガーのメニューは以下の通り。

 ・ごはんベーコンレタス
 ・ごはんてりやき
 ・ごはんチキンフィレオ

ごはんに合うものを新たに開発したいうことはなく、ふだんのハンバーガーにはさまっているものを “そのまま” ごはんではさんでいるだけです。


言ってみれば、

「パンに合う具材をごはんで食べてみたらどうなるか」

という発想です。


この「形は一緒で、発想はモスバーガーの真逆をいく」スタイルが、吉と出るのかどうか、2月5日の発売開始日が楽しみです。


そして、さらに気になったのが、写真の “具材が大きくはみ出ている” 感じからすると、ライスプレート自体は、“相当に小さい” ことになります。

とても食べにくそうに感じるのは私だけでしょうか。


特に「ごはんてりやき」などは、てりやきソースが垂れてきて、手や服が汚れてしまいそうです。


 ごはんてりやき.png


白い服を着ている日は “要注意” ですね。


 
 楽天市場

 
posted by Descartes at 16:05 | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする