新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年02月19日

トランクルーム市場が急拡大

「今、トランクルーム市場が急拡大」というニュースを目にしました。

少し前まで断捨離ブームだったが最近は、モノを預ける時代になりトランクルームが大人気だ。家のポストにチラシが入っていることも多いが、まさにトランクルーム市場は今、右肩上がり。現在、国内市場はおよそ590億円、過去6年間で毎年8パーセントの拡大を続けており、2020年には700億円。そして2025年には、1,000億円を超えると予測されている。
(「ニッポン放送 NEWS ONLINE」より)


 >> 最新型トランクルーム・貸し倉庫


トランクルームを利用する理由(きっかけ)は

 ・引越しのとき
 ・災害に備えて
 ・コレクションの保管

など様々


 トランクルーム.jpg


さらに記事中では、つぎのように説明されています。

(トランクルーム市場が急拡大している)理由は、首都圏を中心に住宅の居住面積が減少していることが原因。住宅を建てる際、部屋の広さを確保するために、収納スペースを削るケースもあり、トランクルームが収納不足に悩む消費者の受け皿となったという背景である。


たしかに、今、都心部では「3畳ワンルーム」のような狭い部屋を好んで借りる人が増えているのだそうです。

私は学生の頃、大学の寮に住んでいましたが、そこで個人に割り当てられていたパーソナルスペースが、ちょうど3畳くらいでした。

「3畳ではあまりにも狭すぎるだろう」と思われがちですが、実は、「寝て、起きて、何かをする」ことだけを考えれば、かなり利便性の良い空間なのです。


しかし、それでも “荷物の置き場所” には困りました。


寮には、ラウンジと呼ばれる共用スペースがあるのですが、そこには “個人のもの” は置いてはいけなかったからです。

そのため、冬のコートなど “場所も取り、一年を通しては使わないもの” については、季節ごとに、実家宛に宅配便で送っていました。


あのような経験をしたしたことのある人が、きっと、トランクルームを考え出したのではないでしょうか。


 


また、最近は「災害に備えて」トランクルームを借りる人も多いようです。


そして、意外なことに
 ・大切なものを預ける
人ももちろん多いのですが
 ・非常食や水などの「防災グッズ」そのものを預ける
人が多いのだそうです。



防災グッズは手元に無いと意味なさそうですが、災害で自宅が崩壊しまったときのことなどを考えると、“頑丈な” トランクルームに預けておいたほうが安心ということなのです。


 >> 防災グッズ


これから先、トランクルームの数が増加するにつれ、その使い途は、ますます “多様化” していくように感じます。


 

posted by Descartes at 20:43 | 流行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする