新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年03月15日

新型コロナウィルス ハイター消毒液

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、現在、手に入りにくいものに、マスク、そして「アルコール消毒液」があります。


一時期、「新型コロナウィルス予防にアルコール消毒は効果がない」というデマも流れましたが、厚生労働省が「予防にアルコール消毒は効果がないという情報が広がっていますが、これは誤った情報です。」というコメントを発表したため、逆に、「アルコール消毒液」は、一般人では、ほとんど入手困難な品となってしまいました。


そのような中、“非常に興味深い記事” をネットで見つけました。

アルコール消毒液がない…いざというときに役立つ「ハイター消毒液」の作り方

という記事です。


 こちら >> アルコール消毒液がない…いざというときに役立つ「ハイター消毒液」の作り方 | LIMO | くらしとお金の経済メディア


家庭用の除菌剤・漂白剤として普及している「ハイター」「キッチンハイター」を薄めることで、消毒液を作ることができるという内容の記事です。

 




この記事の一つ目のポイントは、薄める除菌剤・漂白は、「次亜塩素酸ナトリウム」を主成分とする “塩素系の” 漂白剤でなければならないということです。

具体的には、「ハイター」「キッチンハイター」の名前が挙げられていますが、探せば、他にもあるかもしれません。




 こちら >> 花王 ハイター 特大 2500ml
     >> 花王 キッチン泡ハイター つけかえ用 400ml


そして、もう一つの注目すべきポイントは、このようにして作った消毒液は、「直接、手指用の消毒用としては使えない」ということです。

花王の注意書には、「ハイターをうすめた手づくりの消毒液が目に入ると、しみたり失明のおそれがあります」とあります。


この部分を読み落としてしまうと、別な危険が発生してしまうわけです。


では、この「ハイター」「キッチンハイター」をうすめた消毒液は、いつ、どのように使うのでしょうか?

具体的には、テーブルやドアノブなど “物” の消毒用に使うようです。


現在、多くの人が求めているのは、“普段使い” の「手指用消毒液」ですので、関係のない情報のようにも思われがちですが、万が一 “家族の中に” 感染者が出た場合のことなどを考えると、この情報は、実はとても有意義なものです。


さらに、「ハイター」は普段の生活でも使い得るもの(漂白剤)ですので、万が一に備えて、今のうちに少し多めに常備しておくのもよいかもしれません。

 

 >> キーワード:



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あわせ買い2999円以上で送料無料】花王 ハイター 特大 2500ml
価格:590円(税込、送料別) (2020/3/15時点)


posted by Descartes at 02:19 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする