新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年03月26日

新型コロナ 正しいリスク・マネジメント

昨日、東京都内の新型コロナウィルス感染者が41人となったことを受けて、小池都知事が緊急会見を開き、

 @ 平日はできるだけ仕事は自宅でおこなっていただき
 A 夜間の外出もお控えいただき
 B この週末、お急ぎでない外出はぜひとも控えていただきたい

との要請を行いました。


そして、その要請を受けて、都内のスーパーでは “買いだめ” が行なわれ、品薄状態となってしまったようです。

 小池百合子・東京都知事が今週末の外出自粛などを都民に求めた25日夜の記者会見。その直後から、都内のスーパーではあわてて食料品を買い込む人たちの姿がみられた。スーパー業界は「生産が止まり、商品が全くなくなる状況は考えられない」と、冷静な行動を呼びかける。
(「朝日新聞 DIGITAL」より)

 kaishime.png


想像していた通りの結果です。


外出自粛の要請が出たことにより、「食料品が無くなってしまうのではないか」という “危険” を察知し、慌ててスーパーへと走ったわけです。


では、同じように今週末には「新型コロナに感染するかもしれない」との “危険” を察知し、皆、家で大人しくするでしょうか。


私は、そうは思いません。


おそらく、既に予定が入っていた人は、“決行” することでしょう。


「リスク・マネジメント」とは、“常に最悪の事態を想定すること” です。


今回で言えば、「さらに感染者が増えてしまうかもしれない」ということが、“最悪の事態” です。

ところが、「自分の周りでは、それほど感染した人がいない」などの理由から、「もう大丈夫なんじゃない?」と油断している人が多いのが、現状のようです。


その一方で、「皆がスーパーに殺到して、品物が無くなってしまうのではないか?」という “最悪の事態” については、容易に想像がつくらしく、何の根拠もなしに、買いだめに走ってしまいます。


しかし、実際には “商品がまったく無くなる” という状況は考えづらいのです。

一方で、“感染がますます広がる” という状況については、このままでは十分に起こりえることです。


どうか、正しいリスク・マネジメントの元に、正しい行動をして欲しいものです。


そして、この週末は、(本当に)外出を控えていただきたいものです。


「ゴーストタウンとなった東京を(テレビ中継で)見てみたい」という理由でも何でもよいです。

とにかく、小池都知事の言葉を信じて、外出を控えてみてはいかがでしょうか。



posted by Descartes at 22:38 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする