新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年04月08日

新型コロナ 京産大に殺害予告

『産経新聞』に以下のようなニュースがありました。

 新型コロナウイルスの集団感染が確認された京都産業大(京都市北区)で、大学に誹謗(ひぼう)中傷の電話やメールがあったり、関係者や家族が日常生活で他人から差別的な扱いを受けたりしていることが7日、分かった。京産大の担当者は「感染拡大防止を最優先に考えて積極的に情報開示してきたが残念だ」としている。
 京産大によると、初めて学生の感染を明らかにした翌日の3月30日〜4月4日の間に、関連した問い合わせや相談が数百件あり、中には「感染した学生の住所を教えろ」「大学に火をつけるぞ」などの脅迫や「殺すぞ」といった殺害予告も含まれていたという。大学は「安全に関わる事態だ」として、刑事告訴も視野に対応を検討している。(以下略)
(『産経ニュース』より引用)



とても残念なニュースです。


そして、これこそが新型コロナウイルスの感染拡大を防げなかった理由のひとつではないでしょうか。


新型コロナウイルスの感染の拡大を防ぐには、できるだけ多くの情報が必要です。

そしてそれらの情報は、感染者への聞き取り調査によって得られます。


しかし、その一方で、感染経路(自分の行動)などについて、なかなか本当のことを言わない人も多いのだそうです。

「自分の行動を知られるのが嫌だ」ということもあるのでしょう。


しかしそれ以前に、

体調が悪いにもかかわらず「コロナだと思われたくないので言えない」と思っている人が、かなり多いようです。


その理由は、上記の京産大のニュースのように、「コロナ患者であることが分かると、 “差別的な扱い” を受ける」と、どこかで感じているからです。


 sabetsu_dansei.png


随分と昔、特定の病気について、そのような考えがあったこと(時代)もあったようです。

それが、令和の時代になって、再び、このような形で現れようとは・・・


新型コロナウィルスは、いろいろな意味での、我々への警鐘なのかもしれません。




『何度でも洗える!独自構造で、眼鏡が曇りにくい マスク』『3枚セットで1380円(税込)送料無料、お一人様10セット限り』


posted by Descartes at 01:10 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする