新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年06月03日

東京アラート 発動

新型コロナウイルスへの警戒を呼びかける「東京アラート」が発動されて、レインボーブリッジと都庁が “赤色” にライトアップされました。


 東京アラート.jpg


不安です。


本当に、とても不安です。


何が不安なのかというと、“アラート” が発動されたにもかかわらず、休業要請のステップが、次段階に進んだままだからです。


「東京アラート」とはいったい何なのか?


ギリギリのラインで休業要請を引き戻すレベルではないらしいのですが、アラート(警報)を出す以上は、最低限、「明日の数字を待って判断します」と、ステップの移行を1日遅らす(戻す)くらいのアクションは欲しかったところです。


「お店や施設は開けますけれど、どうか、(個人での)警戒を怠らないように」

と、まるで我々(都民)に “丸投げ” しているかのような感じを受けます。


休業要請という形を取ると、休業に対する補償(支援)を行なわないといけないからなのでしょうか。


命を守るために、このままテレワーク出社を続けたかった者にとっては、明日からも、電車に乗るたびに、さぞかし “不安” を感じることでしょう。


  ↓ 聴いてみてください。

 
  教訓T

posted by Descartes at 01:33 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする