新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2016年10月20日

Asahi おどろき野菜

新宿を歩いていたところ、アルタ前の新宿ステーションスクエアで「おどろき野菜のおどろき夜祭」というイベント会場が設営されていました。
驚き野菜01.jpg


まだ、夕方前の時間帯でしたので、イベント自体はまだ始まっていないようです。


「夜祭」というくらいですから、夜になってからの実施なのでしょう。



しかし、近づいてみると、「Asahi おどろき野菜」の試供品を配っているらしく、列ができています。

驚き野菜02.jpg

私もさっそく列に加わり、試供品を手にいれました。


何種類か用意されていたようですが、受け取る側では選べないようです。


私がいただいたのは「おどろき野菜 はるさめスープ ピリ辛肉味噌 ユッケジャンチゲ」でした。

辛いものは嫌いではないので、得した気分です。

驚き野菜03.jpg

帰宅後に、さっそく作ってみました。

調理にかかる時間は3分。

お湯を入れた直後に10秒間かき混ぜるなどの作業は必要ですが、基本は「お湯をかけて待つだけ」です。

私のいただいた「〜はるさめスープ」シリーズは春雨が主体なのでしょうか、野菜は思ったより少ない感じです。

しかし、野菜の歯ごたえは、かなりしっかりとしています。


春雨のおかげで、小腹が空いているときなどにはちょうど良いかもしれません。


個人的には、野菜をもっとどっさりと入れて欲しいというのが正直な感想でした。


楽天レシピ
posted by Descartes at 20:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

鮭のたしなみ

今日放送の『ノンストップ!』の「オトナのたしなみ」コーナーは、「鮭のたしなみ」でした。

先日の『ノンストップ!』では、「サンマのたしなみ」が放送されていましたが、今回も前回に劣らず、とても興味深い内容でした。


 ※前回放送の記事はこちら >> サンマのたしなみ


昔から、ほどよい塩分のある鮭は、働く男たちのパワーフードだったそうです。

それでよくお弁当に入っているのですね。


今日の放送では、こういった鮭にまつわるエピソードなども紹介されていましたが、個人的にとても興味深かったのは、「鮭の切り身の種類」についての話です。


鮭の切り身は全部同じように見えますが、スーパーに並んでいる切り身には、たしかにいろいろな形があります。


番組では、@半月型 A弓型 B台形型 の3つに分けて、分類していました。


そして、この「形」から切り身の「種類(部位)」を見分けて、調理方法に合った切り身を選ばないといけないのです。
鮭切り身.png

よく食べる「焼き鮭」に最適な切り身は「A弓型」とのことです。

「@半月型」や「B台形型」は、尾びれに近い部分なので、脂が少なめなのです。

これに対し、「A弓型」はお腹の部分で、脂が多く、焼き鮭に最適とのことです。

さらに、皮の色が銀色に輝いているものは、エサをたくさん食べている証拠なので、脂がのっているとのことでした。


「形」と「皮の色」に注目して選ぶのが、「鮭のたしなみ」です。


posted by Descartes at 12:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

参院選投票所、例年との違い

参議院議員選挙の投票に行ってきました。

今回より選挙権が18歳に引き下げられたこともあり、例年に比べて、投票所の対応等に変化はあるのか、というところが気になるところでした。

「初心者」向けの対応があるのかということです。


私が気付いた、例年との違いは以下の2点でした。

 @「相談所」というコーナーが設けられてた
 A 投票所のレイアウトに違いがあった


@の「相談所」については、実は今までもあったものかもしれません。

今回は特にそういう目で見ていたので気付いただけかもしれません。

その証拠に(?)、「相談所」というコーナー(デスク)はあるものの、人員は一人も配されていませんでした。


Aのレイアウトの変更ですが、投票用紙への記入&投函の場所が、例年より奥の位置へ移動されていました。

投票所は近くの小学校の体育館なのですが、例年ですと、入り口を入ってすぐが「本人確認の受付」で、そこから10mも歩いたところが、はじめの「選挙区選出」の投票所でした。

それが、今回は、体育館の中をさらにぐるぐると歩かされ、けっこう奥のほうまで、「選挙区選出」の投票所が移動となっていたのです。

「比例代表選出」にいたっては、入り口のほとんどすぐ横でした。


これは、何故だろうと帰り道にずっと考えていたのですが、実は、例年まであった「出口」が無くなっていたことに後になって気付きました。


例年ですと、最後の投票を行ったすぐのところに出口(校舎内へと通じる扉)があり、投票を終えた人はそこから帰るのです。

ところが、今回は、その出口がなく、入り口と出口がひとつ(グラウンドへと通じる扉)に統一されていました。


おそらく、間違えて出口から入ってくる 人を防止するための配慮だと思います。


思えば、私もはじめての海外旅行から帰ってきたときに、順路がわからなくなり、出口でないところから出てしまいそうになった思い出があります。

危うく、入国管理局の人に逮捕(?)されてしまいそうになりました。


はじめての人には、わからないことがたくさんあるのです・・・。





posted by Descartes at 10:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする