新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年04月04日

新型コロナ 現金30万円給付

新型コロナウィルス感染拡大の影響で収入が減った世帯に対し、現金30万円を給付する方針が固まったそうです。

 安倍晋三首相と自民党の岸田文雄政調会長は三日、官邸で会談し、新型コロナウイルス感染拡大で収入が落ち込んだ世帯への現金給付について、支給額を一世帯三十万円とする方針で合意した。岸田氏が記者団に明らかにした。政府は一世帯二十万円とする方針だったが、思い切った支援が必要との首相判断で急きょ上積みが決まった。年収による所得制限は設けないが、減った後の月収が一定水準を上回る世帯は除外する方向で検討している。
(「東京新聞」より)


現金給付があるのは嬉しいことです。


私は、現在、パートで2つの職場(掛け持ち)で働いています。

そして、一つのパート(小学生以下の子供相手の仕事)は既に “減収中” です。

もう一つのパートも、37.5度以上の熱が出た時点で “1週間の出勤停止” となるため、その時点で “約25%の減収” が確定となります。


ですから、(現時点では30万円は要らないとしても)収入が減った分については、何らかの形で補填してもらいたいと思っています。


しかしながら、今回決定の方針内容を見ると、
結局、私は一円も給付されない
のではないか、という不安が頭をよぎります。


というのも、私のような働き方(パート、非正規)の場合、“収入が減った” ことの「証明」が、難しいからです。


 kougi_woman.png


今回の「現金給付」については、「30万円」という金額の他は、実は、何も具体的なことは決まっていません。


しかし、おそらく以下のような形になるだろうという想像はつきます。

 @ 申告した者だけに給付する「自己申告制」とする
 A 申告に際しては「新型コロナウィルス感染拡大により収入が減った」ことを
   証明する書類を添付しなければならない


私が気になるのは、大きく以下の2点です。

 @ いつの収入に対して減ったことを証明すればよいのか?
   a. 先月の収入に対して
   b. 昨年の同時期の収入に対して

 A その証明書類は誰が発行するのか?
   a. 雇い主(事業主)
   b. 確定申告書の控えなど、個人所有のもの


以上のことを考えれば考えるほど、私は「給付金がもらえないのではないか」と思えてきます。


パート勤務は、毎月の収入が決まっているわけではないので、前月にしろ、前年度にしろ、「減っていることの証明」は難しいからです。
(昨年と勤め先が違うパート労働者はたくさんいます。)

ただひとつ証明できることは、「先月分の振込額が、生活費ぎりぎりくらいしかなかった(=今月の生活が苦しい)」ということです。


そして、そのことを新型コロナウィルスと結びつけて、第三者(役所)に証明することは難しいです。


というより、「生活が苦しい」「マスクが手に入らない」「外出も自粛」という状況の中で、そのような「証明」までしなくてはならないのかと思ってしまいます。

「いっそ感染して、入院や隔離をされたほうが “証明が楽” 」とまで思います。


そして一番よくないのは、このように、全てのことに対して “否定的” な考えしか持てなくなってしまっていることです。


 

 
 
 ZiACO(ジアコ)【無料お試し】

posted by Descartes at 20:02 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

コロナ感染に立ち向かう 宝塚ファンの団結力

新型コロナウィルスの感染が拡大する中、宝塚歌劇団の公演再開について、以下のような内容の記事を発見しました。

 宝塚歌劇団は、2020年3月9日から宝塚大劇場で、10日から東京宝塚劇場で公演を再開している。新型コロナウイルス感染拡大防止のため2月29日から休止していた公演の再開に踏み切った。
 未だ多くの音楽ライブなどが公演の中止・延期を決定し、エンタメ業界は先が見えない状況だが、1公演に約2000人が観劇する劇場で感染者を出さないよう、ファンも再開に感謝しつつ、団結力を高めている。
(中略)新たに「劇場入口にサーモグラフィーを設置し、37.5度以上の観客は入場を断る」「場内換気の強化」「軽食提供の取りやめ」「客席降り演出の中止」などの対策を実践している。9日の公演を観劇した観客も大半がマスクを着用し、マスクを持っていない観客に配布するファンもいたと報じられた。(以下略)【全文は ⇒ 「J-CASTニュース」】


この記事のタイトルは

『公演再開支える、宝塚ファンの「団結力」
 率先して予防、入り待ち出待ちも自粛...「我々も協力しなければ」』


となっています。


記事全体を通し、「コロナ感染に立ち向かうファンの人の協力(団結力)もあり、最短の再開につなげることが出来た」と、“いい話” のようにまとめていますが、私は
それは少し違うと思います。


“ファンの人の協力” の内容としては

 ・大半がマスクを着用
 ・マスクを持っていない観客に配布するファンも
 ・入り待ち・出待ちやお茶会は自粛
 ・もしちょっとでも具合が悪かったら行かない

などがあげられています。


しかし、そもそもどのように感染が拡大しているのか分からない中で、これらの協力内容は、公演を再開するための “交換条件” のようなものにしか思えません。

真に感染を予防することにはつながっていないと思うのです。


何故なら、感染を予防するために必要なことは、
 不要不急な外出を避ける
ことだからです。


「劇場入口にサーモグラフィーを設置し、37.5度以上の観客は入場を断る」
ことは勿論大事です。

では、その「37.5度以上の観客」には、どのような対応をするのでしょうか。

そのまま電車に乗せて帰すのでしょうか。


今となっては、劇場内で感染するリスクよりも、移動中の電車内で感染するリスクのほうが高くなっているかもしれないのです。


「ちょっとでも具合が悪かったら行かない」
のは当たり前です。

しかし実際には、感染しても具合が悪くならない(症状が出ない)人も多いのです。


そういったリスクを考えた上での、決断だったのでしょうか。


個人的には、もう少し(正式に自粛解除となるまで)待ってもよかったのではないかという気もしますし、

このような “褒めたたえる” 内容の記事は掲載すべきではなかった、と思います。


宝塚歌劇団の方々には、ますます活躍して頂きたいと思っているだけに、あえて言わせてもらいました。



 


posted by Descartes at 00:30 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

迷惑行為防止スタンプ

以前から話題になっていましたが、シヤチハタが「迷惑行為防止スタンプ(痴漢行為防止スタンプ)」をついに発売し、“即日完売” となったそうです。


 迷惑行為防止スタンプ.jpg

 こちら >> 【痴漢撃退】シヤチハタ「迷惑行為防止スタンプ」がテスト販売開始も即日完売


通常は無色透明でブラックライトを当てると色が浮かび上がるという特殊インク「UV発色インキ」を採用した印鑑(スタンプ)で、痴漢の手の甲などに押すことにより、「痴漢行為の証拠となる」などの効果があるといいます。


今回はテスト販売ということで、500個しか用意しなかったそうですが、話によると開始30分で完売したとのことで、痴漢に悩んでいる女性がいかに多いかを物語っています。

しかし、その一方で、この「迷惑行為防止スタンプ」が痴漢行為の抑止にどれだけの効果があるのかを考えると、個人的には、残念ながら否定的な考えの方が強いです。


まず第一に、「痴漢被害にあっている女性が、本当にスタンプを押すことができるのか」ということ

そしてもうひとつが、「スタンプを押すこと(押されること)が本当に痴漢行為の抑止につながるのか」ということです。


「迷惑行為防止スタンプ」は

 ・片手で簡単に操作ができる
 ・鞄などに取り付けるリールコード付き

など、実際の使用を想定して設計されているようですが、それを「実際に使うことができるかどうか」はまた別問題です。


痴漢被害にあっている女性は「怖くて声をあげることもできない」と言います。

そのような状況で、はたしてスタンプを取り出して、(恐ろしい)痴漢の手に押し当てるようなことができるでしょうか。


被害にあっている女性が “第一に” 望んでいるのは「犯人を特定すること」ではなく、「痴漢行為をやめて欲しい」ことです。

だとしたら、スタンプを押すことができるのなら、替わりに “防犯ブザー” でも鳴らしたほうが、よっぽど効果がありそうです。


しかし実際には、電車内で防犯ブザーが鳴っているのを聞いたことはありません。


そしてもうひとつ、

 何故、UV発色インキなのか?

ということ。


「ブラックライトを当てることで証拠が浮かびあがる」ということは、言い方を変えれば「ブラックライトを当てないかぎり分からない」ということです。

つまり、(痴漢が)何食わぬ顔で車両を降りて逃げてしまえば、そのまま何も “お咎め無し” ということです。


むしろ、UV発色インキではなく、“一週間ぐらいどのような石鹸や洗剤で洗っても落ちないようなインク” で、「私は痴漢です」 と大きく目立つようにスタンプしたほうがよいのではないか、と考えます。


「迷惑行為防止スタンプ」などは、使われないことが一番ですが、これから先、今回販売された500個のうちのいくつかが実際に使われ、ニュースになることもあるかもしれません。

そのときに、

 このスタンプが「どの程度、証拠として有効に扱われるのか」

 痴漢が「どのような言いわけをするのか」

など

今後の動きにも注目したいと思います。




防犯グッズ bohhan.com
ラベル:迷惑行為 防止
posted by Descartes at 00:25 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする