新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年07月17日

セブンイレブン 生ビールのテスト販売中止

本日より導入予定であった「セブンイレブン」での “生ビールのテスト販売” が中止になったというニュースを目にしました。


 コンビニエンスストア大手のセブン−イレブン・ジャパンは17日、同日から予定していた生ビールのテスト販売開始を中止したことを明らかにした。キリンビールと組み首都圏の数店舗でSサイズ100円で提供を始める予定だったが、「注目が集まり過ぎて販売体制が整えられない」と中止を決めた。
(「毎日新聞」より)


導入予定であった店舗は東京都三鷹市の「三鷹牟礼6丁目店」や埼玉県所沢市の「新所沢駅東口店」などで、いずれにせよ(私の)近所のセブンイレブンへの導入予定はなかったわけですが、「いずれは全店舗で展開するに違いない」と秘かに楽しみにしていたのも事実です。


それが、まさかの中止とは。


連日猛暑が続いているだけに、ショックは意外と大きいです。


真夏の生ビール.jpg


ニュースでは、「注目が集まり過ぎて販売体制が整えられない」ことが理由だとしていますが、いったいどれほどの反響があったのでしょうか?

むしろ反響が大きければ大きいほど、“全店舗展開” へ向けて動き出しそうなものですが、実は、反響というよりは “クレーム” が多かったのではないかと思っています。


ネットやSNSでは、「飲酒運転につながる」「未成年者が購入する」などという心配も多く見受けられますが、私に言わせれば、それらは “論外” です。

飲酒運転や未成年者の飲酒がNGなのは “当たり前” だからです。


私の個人的な考えでは、店内のイートインコーナーが “居酒屋状態” になるのを恐れたのではないだろうかと思うのです。

当然、トイレも使うので、汚される可能性があります。


セブンイレブンではないですが、職場の近くのコンビニのイートインコーナーには、「ここで居眠りや勉強をしないでください」という貼り紙が貼ってあります。

学生達が勉強のために長居をされるのが、迷惑らしいのです。


当然、酔っ払いに長居をされるのも迷惑なはずです。


しかし、そういった状況(本当に酔っ払いがたむろするかどうか)を見極めるための「テスト販売」ではなかったのでしょうか?


テスト販売自体もせずに、いきなり「中止」というのは、どうも納得がいきません。


セブンイレブンで生ビール飲みたかったです・・・。







posted by Descartes at 23:53 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

鳥貴族で着替え盗撮

今日の新聞記事に「焼き鳥店チェーンの鳥貴族で、店長が女性従業員の着替えを盗撮していた」というニュースがありました。

 焼き鳥店チェーン「鳥貴族」の京都市内の店舗で6月、20代の男性店長が女性店員の着替えを盗撮していたとして、運営会社の鳥貴族(本社・大阪市浪速区)が店長を懲戒解雇にしたことがわかった。捜査関係者や同社が明らかにした。処分は6月20日付。同社は被害女性に見舞金1万3千円を払った。京都府警は府迷惑行為防止条例違反容疑で事情を聴いている。
(「朝日新聞DIGITAL」より)


このニュースを聞いて、私が最初に思ったのは「また鳥貴族か」ということです。


「また」というのは、以前の「鳥貴族では酎ハイに “消毒用アルコール” を使用していた」というニュースを受けてのことです。


そのニュースについては、このブログでも取り上げたことがありますが、検索してみると 2016年08月15日 の記事でした。


 以前の記事はこちら >> 鳥貴族が、酎ハイに消毒用アルコール使用


つまり、“既に2年もの年月” が経過していることになります。


しかし、(私は)いまだに覚えていました。


「人の噂も75日」などと言いますが、悪い噂はいつまでも消えないようです。


つい最近も、私の住んでいる隣の駅に「鳥貴族」が新装オープンしたのですが、そのときにも「もう消毒用アルコールは使っていないだろうか」と考えてしまいました。


そしてこれからは、鳥貴族を見るたびに 「 “消毒用アルコール” と “盗撮” の鳥貴族」 と考えてしまうのでしょうか。

客相手の商売は、噂になるようなことが “一つも無い” ように気をつけなければいけませんね。


それにしても、上の記事によると「鳥貴族は、被害女性に見舞金1万3千円を払った」とありますが、この金額も何だか人をバカにしたような金額です。

「盗撮された日の日給の “倍返し” 」みたいな計算なのでしょうか。


ふざけているとしか言いようがありません。





posted by Descartes at 23:57 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

ミッシングワーカー

NHKスペシャルで「ミッシングワーカー 働くことをあきらめて・・・」という内容の特集がありました。


ミッシングワーカー.jpg

 こちら >> NHKスペシャル | ミッシングワーカー働くことをあきらめて・・・


これは、これから先かなり高い確率で “誰にでも” 起こりうる問題で「働き方改革」以前に解決しなければならない問題だと感じざるを得ません。


「ミッシングワーカー」は、直訳すると「消えた労働者」となります。


しかし、その意味することに照らし合わせて訳すと「労働者(失業者)の枠から “排除” された労働者(求職者)」と言えます。


“排除” というのは、“不要・邪魔なものを取り除く” という意味です。


ミッシングワーカーというのは、具体的に言うと「長期間働けなくなり、仕事を諦めてしまった人」のことです。

そして、「長期間働けなくなった」理由は、多くの場合「親の介護のために離職した」ことにあります。


特に40代・50代の独身中高年に多いのだそうです。


ミッシングワーカー02.jpg


番組によると、現在の(労働統計上の)40代・50代の労働市場は以下のような形(内訳)になっているとのことです。


 ・正規労働者 :1,699万人
 ・非正規労働者:795万人
 ・失業者   :72万人


上記の数字を元に、毎月(あるいは毎年)の “失業率” や “有効求人倍率” などを算出します。

しかし、ここに集計されている「失業者」の数は、ハローワークなどに出向いて求職活動を行った人のことです。


つまり、前述の「長期間働けなくなり、仕事を諦めてしまった人」は含まれていないことになります。


そして、そのミッシングワーカーを加えた “正しい” 内訳は、番組の発表では以下のようになるのだそうです。


 ・正規労働者    :1,699万人
 ・非正規労働者   :795万人
 ・失業者      :72万人
 ・ミッシングワーカー:103万人


驚くべきことに(あるいは想像した通り)、失業者の数を上回っています。


ですから、よくニュースで「完全失業率は○○%。前年同月に比べ○○%の減少」などと言う言葉を耳にしますが、実は “雇用状況が改善された” のではなく “ミッシングワーカーが増えたのではないか” と疑いたくなってしまいます。


リーマン・ショック以降、失業率が下がっているにも関わらずアメリカの経済がなかなか回復しなかった原因は、このミッシングワーカーの存在を把握していなかったからなのだそうです。

今現在、(日本の)ミッシングワーカーの数を加えて計算された正しい失業率というのは、いったいどれ位になるのでしょうか。


 @ きちんと把握できていないので、計算できずにいるのでしょうか。
 A 計算できているにもかかわらず、あえて発表せずにいるのでしょうか。


もしもAの理由だとしたら、この先、本当に未来はないように感じます。




面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載

ラベル:NHK 失業 介護
posted by Descartes at 00:48 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする