楽天市場

2019年11月20日

酉の市 熊手の買い方

今日は、2回目の「酉の市」(二の酉)です。
(11月の “酉の日” に行われるので、酉の市と言います。)


酉の市で有名なのは、浅草の鷲(おおとり)神社。

このように神社の名前に「とり」の文字が付いている神社は、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)をまつっている神社で、「強い神社」なのだそうです。


 日本武尊.jpg


そこで、〔強い ⇒ 栄える ⇒ 商売繁盛〕となり、酉の市は、来年の福を呼び込むために年末近くに行われる一大イベントとされています。


そして、“酉の市で買うもの” と言えば、ご存知の通り「熊手」です。


 


実は、この熊手は、日本武尊が “武器” として使っていたのだそうです。


日本武尊が、戦勝祈願のお礼参りに神社を訪れた日が「11月の酉の日」で、そのときに、持っていた熊手を社前の松に立てかけたことから、縁起物として扱われるようになったと言われています。


そして、この熊手は「商売繁盛」(のみ)を願うものだと思われがちなのですが、よく見ると「恋愛成就」「家内安全」など、いろいろな言葉が書かれていることに気付きます。

ですから、自分(の願い)にあった熊手を “選んで” 買わなければならないのです。

また、大きさについては、“自分の身の丈” にあった大きさを買うのが基本で、それを毎年、徐々に大きなものにしていくことが理想とされています。

 @ 自分の身の丈” にあった大きさ
 A 自分の願いにあった飾り

と探していくと、熊手選びも随分と楽しくなってきます。


そしてさらに、この熊手の買い方ですが、 “値切って買う” のが普通なのだとか。

そしてさらに、その “値切った分” をお店に「ご祝儀」として置いて帰るのが “粋(イキ)” なのだそうです。


 酉の市での熊手の買い方(手順)

  @ 熊手の値段を聞く(熊手には値札が付いていません)
  A 値切る(例えば、1万円と言われたら、8千円に値切る)
  B 1万円を支払い、お釣りの2千円を受け取る
  C 「ご祝儀です」と言って、受け取った2千円を渡す



結局、最初の値段に戻るわけですが、この手順を踏むことで、より福を呼び込むことができるのだとか。


これは、内気な人にはかなりハードルが高そうなステップですね。


しかし、このハードルを越えてこそ、翌年にさらに大きな熊手を買えるようになるのかもしれません。


そして、買った熊手は(福をかき込むように)高く掲げて帰るのがよいそうです。


   


酉の市には、意外と知られていないルール(?)がたくさんあります。

そして、こういったルールを知ることで、逆に、酉の市に行くのが楽しくなってくるのも事実です。


是非、実践してみてください。

 

ラベル:神社 熊手 酉の市
posted by Descartes at 02:26 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

冬の寒さ対策 布団の重ね順

今日の『ノンストップ!』(フジテレビ)で、「冬を乗り切る生活の知恵講座」という特集コーナーの放送がありました。


 ノンストップ.png

  こちら >> ノンストップ!NONSTOP! - フジテレビ


その中で、「布団編」と称して、“布団の重ね順” について問う問題がありました。

 @ 敷布団
 A 掛け布団(羽毛布団)
 B 毛布

の3種の布団につき、「どのような順番で重ねるのが “冬の寒さ対策” として、一番ふさわしいか」という、問題です。


ちなみに私の場合は、以下のような順番で、掛け布団の上に毛布を乗せます。

  futon_kasane01.png

この順番だと、「暑いな」と感じたときには、すぐに毛布を外すことができるからです。

おそらく多くの人がこの方法(順番)なのではないでしょうか。


もしくは、「毛布の肌触りが好きだ」という人は、以下のような “掛け布団の下に毛布を入れる” 順番になると思います。

  futon_kasane02.png


しかし驚くべきことに、『ノンストップ!』が推奨する “寒さ対策として最も効果的な方法(順番)” は、上の2つのどちらでもありませんでした。


なんと、自分の身体の下に毛布を敷くのです。

  futon_kasane03.png

その理由は以下の通りでした。

 @ 羽毛布団は体温を吸収して温まるので、“身体に直に触れるように” 上に掛ける
 A 毛布は “下に熱を逃がさない” ために、身体の下に敷く


「なるほど」という感じです。


そして、さらに「寒いな」と感じるようであれば、“掛け布団の上に” 毛布を1枚追加するのだそうです。


毛布を敷布団のように使うという発想は無かったので、これは少々驚きました。


「では、毛布で出来た敷布団カバーのようなものがあれば便利なのではないか」と考えたところ、それは “既に商品化” されていました。


 こちら >> 毛布生地で作った とろ〜りあったか敷き布団カバーあったか寝具快適寝具


 


一瞬、“ヒット商品を発明” してしまったかのようにも考えましたが、そんなに甘くはありませんでした。


おそらく、「毛布生地で出来た掛け布団カバー」というのも既に商品化されているに違いありません。





posted by Descartes at 23:31 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

災害発生時 1階と2階どちらが安全?

現在、日本列島を記録的な勢力の台風が襲っています。


 台風の空.jpg


今回の台風は、特に “風” に対する警戒が必要とのこと。

「ブロック塀が倒れる」くらいの強風になるというのですから、当然、木造の家などは大きく揺れるに違いありません。

そう考えると、なるべく揺れの少ない1階部分にいる方が良いように思えますが、意外にも、ニュースでは「夜(就寝時)などは、家の2階以上で過ごすように」とのことでした。


 “高潮による被害” に備えてのことです。


納得の理由ですが、実際問題、台風に限らず、地震などの災害発生時には、1階と2階どちらにいたほうが安全なのでしょうか?


強風や地震発生時には、木造の家などは激しく揺れます。

ですから、揺れの少ない1階の方を選ぶのが自然のように思えます。


しかし、逆に言うと回避できるのは “揺れ” だけなのです。


一方、(2階建ての家で)2階にいた場合には、以下のようなことが考えられます。

 @ 津波などが起きた場合、助かる可能性が高い
 A 家が倒壊した場合、2階の下敷きになることがない
 B 家が倒壊した場合、救助されやすい


「絶対にこちらが安全」ということは言えないと思いますが、家の倒壊ということを考えると、(個人的には)2階にいるほうが安全なように思えます。


 


特に1995年以前の建築基準法で建てられた家の場合は、そのようなことが言えるようです。






防災グッズ bohsai.shop
ラベル:台風 地震 災害
posted by Descartes at 21:04 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする