新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年05月01日

メーデー

今日、5月1日はメーデーです。


「メーデー」は英語で「Mayday」と書き、直訳すると「5月の日」という意味です。

1886年の5月1日にアメリカのシカゴを中心として、“8時間労働への是正” を要求する大規模なストライキが行われたことがはじまりです。


当時は14時間労働が当たり前でした。


以降、毎年5月1日は “世界中の” 労働者たちが 「労働者の権利」 を主張する集会を開く日となったのです。


そして、多くの国では5月1日を祝日としているのですが、日本はゴ−ルデンウィークの狭間であることもあり、5月1日は祝日ではありません。

そのため日本では、2000年以降、4月の終わりの “ゴ−ルデンウィークの初日” に「メーデー」を行うところも現れたそうです。


「メーデーに参加するために連休がとれない」という “労働者側の不満” があったのでしょうか。


メーデー.jpg


メーデーというと、公園や広場などに多くの人が集まり、どちらかというと “平和的に” 権利を訴える日のように思いますが、実は、日本にも「血のメーデー」と呼ばれた “大荒れのメーデー” がありました。


1952年5月1日 のことです。


このときのメーデーで叫ばれた(要求された)のは、労働者の権利ではなく「再軍備反対」「破防法反対」といったことでした。

そして、暴徒が皇居前広場になだれ込み、これに対し警察が拳銃を発泡、2名の死者までが出たとのことです。


血のメーデー.jpg


このような血なまぐさいメーデーは二度と起きて欲しくないところですが、今回のメーデーでも、「打倒安倍内閣」「憲法改正反対」など、労働者の権利とは関係のない要求がされていたという話も聞きます。

その中では「働き方改革廃案へ」が、ぎりぎりメーデーの趣旨にあっているでしょうか。


人が多く集まると、元々のラインを多少外れてしまうのは、仕方ないのかもしれません。


どうか遭難信号の「メーデー(×3)」を発することにだけはならないよう祈るばかりです。






posted by Descartes at 16:04 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

新鮮なタケノコは先端の色で見分ける

4月はタケノコの旬の季節で、年間取引量の65%近くが、この時期に店頭に出回るのだそうです。


タケノコというのは、その名の通り “竹の芽” のことですが、一般的には「孟宋竹(もうそうちく)」という甘くて柔らかい品種の竹の芽のことを指します。


タケノコ.jpg


日本では、江戸時代に山路治郎兵衛という江戸の商人が広めました。

当時は桐の箱に入れて、高級食材として売り出されたのだそうです。


そして、この店頭に出回っているタケノコの中から新鮮なタケノコを見分ける方法ですが、“先端の色で見分ける” のだそうです。


具体的には、先端の色が “黄色い” タケノコが新鮮なタケノコになります。


タケノコ先端.jpg


先端が黄色であるということは、タケノコがあまり陽に当たっていない証拠です。

つまり “地上に出てきて間もないタケノコ” であるということになり、“新鮮” なのです。


一般的には、緑色のほうが新鮮なように感じますが、タケノコが地下から伸びてきていることを考えると、通常とは逆になります。


これは、知っているのと知らないのでは大きな違いです。


さらにこの時期は、タケノコは皮付きのまま売られていることが多いのですが、茹でるときには “皮をむかずに” そのまま茹でるのが美味しいのだそうです。

皮付きのまま茹でることにより、旨みが閉じ込められるからです。


そしてさらに、茹でたあとは、すぐに取り出さずに、少し冷ましてから取り出ようにすると、タケノコが縮まることがなく、良いのだそうです。


今が旬のタケノコですが、どうせなら美味しく食べたいものですね。


ラベル:タケノコ 4月
posted by Descartes at 20:10 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

ニラとスイセンの見分け方

家庭菜園のニラとスイセンを間違えて食べて食中毒を起こしたというニュースがありました。

 山梨県内で家庭菜園などで育てたニラと間違え、一緒に栽培していたスイセンを誤食し、食中毒の症状を訴える患者が相次いだ。(中略)県衛生薬務課によると、山梨市の50代の女性が2日昼、知人にもらったニラで調理した「ニラ玉」を食べたが、ニラにスイセンが混ざっていた。
 甲府市では、30代の父親と10歳未満の男児3人が2日夕、家庭菜園のニラを具に入れたみそ汁を調理して食べたが、ニラの近くで栽培していたスイセンが混入した。
(「産経ニュース」より)


私の記憶が正しければ、以前にも同じニュースを聞いたように思います。


ニラとスイセンとは、いったいどれ程似ているのでしょうか。


以下は「東京都薬用植物園」から引用した画像です。


ニラとスイセン.png


このように花が咲いた状態では、2つは明らかに違う植物です。


ところが、葉のほうを見てみると、

ニラの葉.png

  こちらがニラの葉


スイセンの葉.png

  そして、こちらがスイセンの葉


と、ほとんど見分けがつきません。


あえて言うならば、根元の太さが違うのですが(スイセンのほうが太い)、それは2つを見比べて分かることです。


では、ニラとスイセンの見分け方というのは存在しないのでしょうか。


唯一、有力な手がかりがあるとすれば、それは “匂い” です。


ニラの葉には、ニラ独特の匂いがあります。

一方のスイセンの葉には匂いがありません。


ニラを調理しようという方は、当然、ニラの匂いを嗅いだことがあると思われますので、調理の前に、まずは匂いを嗅いでみることをお薦めします。


あとは、家庭菜園でニラとスイセンを同時に植えることは避けたほうが無難でしょう。

もともとニラとスイセンは近接して育つケースが多いそうですので、離して植えるくらいでは不十分かもしれません。


少しでも危険があると分かっていることは、やらないに越したことはありません。


ラベル:ニラ スイセン
posted by Descartes at 23:45 | 豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする