新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2019年08月26日

学校へいけない君へ 中川翔子

フジテレビ『ノンストップ!』では、本日より、新学期がはじまるこの時期に合わせて「学校へいけない君へ」という企画がスタートしました。

いじめに悩み、学校に行くかどうか悩んでいる子供たちへメッセージを届ける企画です。


そして、第1日目の今日、子供たちへメッセージを届けたのは、現在、マルチタレントと称される中川翔子でした。

本人は、中学時代にその個性ゆえにいじめにあい、学校に行けなくなったという経験をもっています。


先日『「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない』という書籍を出版したばかりで、


 

 「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない


本はすでにベストセラーになり、彼女のメッセージは、あまりに “現実” で、そして重いです。


私が、今日の『ノンストップ!』の放送を観て、印象的に感じたのは


通常、(大人たちが)いじめについて語るときは

 「いじめは、絶対になくさなければ!」

と熱く語るものですが、中川翔子が

「いじめはなくせない」
 
と言っていたことです。


そして、

「いじめはなくせないけど
  いじめで死ぬ人は減らせると思いたい」


という言葉が、あまりにも重く心に響きました。



さらに

 「いじめられているほうにも原因がある」

という大人に対して

 「それはありえない」

と言っていました。


まさに “その通り” です。


いじめ問題に対する “根本的な間違い” はまさにここにあると思います。

たとえどのような人間(個性)であったとしても、“いじめていい理由” なんてものはどこにもありません。


そして最後に、中川翔子は次のような言葉で子供たちへのメッセージを締めくくります。


自分を攻撃してくる人というのは、本当は “どうでもいい他人”
だから、攻撃してくるようなどうしようもない人のために時間(寿命)を削る必要などない。
無責任かもしれないけれど、その先に、確実に「ああ、生きててよかった」は待っている。
そのときのために、どうか “今の自分の命” を守ってほしい。


いじめに関して、“本当に必要なこと” が詰まった大切なメッセージだと思います。





posted by Descartes at 23:54 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

ルパンの娘

現在フジテレビで放送中の「ルパンの娘」というドラマ(深田恭子主演)が大好きで、毎週観ているのですが、


 


 こちら >> ルパンの娘 - フジテレビ


今日の放送(第7話)で、やっと、おじいちゃん(三雲 巌/麿 赤兒)が本登場しました。


 三雲巌.jpg


実は、私も「ドラマでは死んだことになっているのでは」と思い始めていたところでしたので、少々驚きました。


というのも、巌が生きているといないとでは、“原作とドラマの内容に大きな違い” が生じてしまうからです。


 

 ルパンの娘 (講談社文庫) [ 横関 大 ]


ドラマはオリジナルのストーリーでいくのかも、とも思いましたが、ここから一気に、原作に追いつくようです。

だとすると、来週ぐらいから桜庭和一(藤岡 弘)の活躍も増えるかもしれません。


これは、楽しみです。


そして、もうひとつ

毎週観ていて気になっていることがあります。


  

  フジテレビ系ドラマ ルパンの娘 オリジナルサウンドトラック


ほぼ毎週、本編中に “悲しげなBGM” が流れるのですが、この曲が「ロミオとジュリエット(オリビア・ハッセー主演)」のテーマ曲(と同じ曲)にしか聞こえないのです。





ドラマ用のオリジナル曲なのでしょうか?

だとすれば、著作権ギリギリのところで、コピー(模倣)したことになります。


「さすがプロ」としか言いようがありません。


もしくは、とっくに著作権が切れている、とか・・・。


いろいろと気になることの多いドラマです。


※「ルパンの娘 」動画配信は

  >> フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】





posted by Descartes at 23:37 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月20日

Iターン 昌三さん

金曜日深夜放送のドラマ24「Iターン(アイターン)」がとても面白いです。


 こちら >> ドラマ24 Iターン|主演:ムロツヨシ|テレビ東京


主演はムロツヨシ、原作は福澤徹三の小説「Iターン」


 


「モーニング」で、漫画も連載しているようです。


 


広告代理店の営業マンが、北九州支店にリストラ赴任。
そこでヤクザとトラブルになり、大借金の上、“サラリーマンとヤクザの舎弟” という二重生活を始めるというストーリーです。

ドラマの設定も、内容も、キャスティングもすべて面白いのですが、私が第1話を観て特に気になったのは「エンディング」でした。


 Iターン_ED.jpg


狛江(ムロツヨシ)が連れている犬が、そこはかとなく “かわいい” のです。


「いったいこの犬は何だろう」と思っていたところ、昨日放送の第2話目にして、その犬の正体(役)が明らかになりました。


 


岩切猛の飼い犬で「昌三さん」というのだそうです。


 こちら >> ギャラリー|ドラマ24 Iターン|主演:ムロツヨシ|テレビ東京


アニマルプロダクション「M.Dogs」所属のペットモデル(チワワ)で、犬の名前(芸名?)は「こま」さんとのこと。


 こちら >> こま|ペットモデルの動物プロダクション エムドッグス


この先、大きな話題になりそうなワンちゃんですね。


ちなみに、ドラマのタイトルである「Iターン」は、本来は “都会で生まれ育った者が、都会で就職した後に地方に移住して働くこと” を言うのだそうですが、このドラマの「I」は

 I=私

という意味なのだそうです。


二重生活の内に “自分自身に返って行く” のでしょうか。


この先の展開が気になるところです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Iターン【電子書籍】[ 福澤徹三 ]
価格:771円 (2019/7/20時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Iターン 2【電子書籍】[ 福澤徹三 ]
価格:730円 (2019/7/20時点)


posted by Descartes at 17:11 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする