新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年09月10日

絶対零度 未然犯罪潜入捜査 最終回 (少しだけネタバレしてます)

今日はフジテレビの月9ドラマ「絶対零度 〜未然犯罪潜入捜査〜」の最終回でした。

絶対零度3.png

 こちら >> 絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 - フジテレビ


「絶対零度」のシリーズは、season1・season2 共に非常に面白く、それが故に、「season3 については期待してはいけないのでは」という思いもありました。

実は、当初は積極的に観るつもりもなかったのですが、記念すべきに第1話目に知り合いの俳優が出ることを知り(しかも犯人役)、結局 “毎週オンタイムで” 観てきました。


結論から言うと、今回も「観続けてよかった」と思わせるに十分な内容でした。


観始めた頃は、犯罪を未然に防ぎつつも、最後に沢村一樹が「必殺仕事人」のように “悪を葬っていく” 設定のドラマなのかと思っていました。





しかし、その予想は第6話で外れることになります。

そして、この第6話のせいで、最終回の(犯人は仲間という)内容も、ある程度予想がついていました。


そういう意味では、今日の最終回は決して「衝撃のラスト」ではありません。

むしろ、「最終回に多くの情報を詰め込みすぎ」という感じも受けました。


最終回で明かされる “真相” は、ドラマのテーマとも言えるものだけに、もっと全体に散らばせて、“少しずつ解明させていくスタイル” でも良かったのではないかと思います。


ひょっとして、「上戸彩を全話にわたって登場させるとギャラが高くなる」とか、そういう理由なのでしょうか。


などとも考えつつ、それでも「最高の最終回だった」と思える理由は、

ただひとつ


 沢村一樹 の圧倒的な演技力


です。


沢村一樹に限らず、今回の season3 は、特にキャスティングが良かったように感じます。

特に印象的なのは、本田翼が “格闘術の使い手” という設定で、それを演じ切っていた本田翼も凄いです。


いずれにせよ、桜木泉(上戸彩)が生きていたことで、「絶対零度」は、season4 の可能性が十分に出てきました。


「未解決事件」「特殊犯罪」「未然犯罪」と進んできましたが、次はどのようなテーマになるのでしょうか。


まだまだ観てみたい気持ちでいっぱいです。


 ■見逃し配信は >> フジテレビ公式動画配信サービス【FODプレミアム】


 ■Blu-ray & DVD の発売も決定しました
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 Blu-ray BOX
価格:19542円(税込、送料無料) (2018/9/10時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜 DVD BOX
価格:15800円(税込、送料無料) (2018/9/10時点)


posted by Descartes at 23:57 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

青春高校3年C組 文化祭

平日(月~金)の夕方5時半から『青春高校3年C組』という番組が放送されています。


 青春高校3年C組.png

  こちら >> 青春高校3年C組:テレビ東京


ドラマではなくバラエティー番組です。


MC(副担任)は、NGT48の中井りか

メンバー(生徒)は、全員 “(元)素人”


そして今日は、高田馬場にある大学(東京富士大学)の大講堂を借りて、キャパ1,000人の「文化祭」が行われました。


 こちら >> 青春高校3年C組 本日文化祭!


私は現地には行けませんでしたが、いつもの放送時間(5時半〜6時)に文化祭のステージの様子が生放送されたので、そちらで見ることができました。


これが、なかなか(というよりかなり)良いのです!


『青春高校3年C組』は4月に始まった番組で、毎週、入学希望者を募り、一週間の活動の後に入学者を決定するという内容のもので、生徒全員(27名)が揃ったのは、6月くらいであったように記憶しています。





正直な話、“理想のクラスを目指す” ということですが、具体的に何を目指しているのかが、イマイチはっきりしない番組でした。
(はじめの頃は秋元康が中井りかのために作った番組企画だと思って観てました。)


そして、その一番最初となる “公の場” でのお披露目の場が、今日の「文化祭」です。

お客さんはお金を払って来ているので、当然、失敗は許されません。


しかも、準備の期間は2ヶ月も無いという状況でした。


素人の中でも、どちらかと言うと、さらにパットしない人たちが集まっているクラスのように思えるだけに、どのようなステージになるのか心配でしたが、

結果的には、本当に “素晴らしい” 内容でした。


思えば、「生放送」という “失敗は許されない” 状況を毎日経験しているだけに、ある意味、プレッシャーには強いのかもしれません。


今後、3年C組がどのような活動をするのか、そして卒業後の彼ら・彼女たちがどのような道に進むのか、気になるところです。






posted by Descartes at 20:31 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

義母と娘のブルース 第6話

TBSのドラマ「義母と娘のブルース」が好きで毎週観ています。


義母と娘のブルース_ロゴ.jpg

 こちら >> 火曜ドラマ『義母と娘のブルース』|TBSテレビ


そして、昨晩は第6話の放送があったのですが、“あまりにも衝撃的な” 展開でした。

とは言っても “予想だにしない展開” というわけではなく、むしろ前もって何度も “予告” されていたことなのですが、「えっ、今日?」という感じで、いきなり “その日” はやって来ました。


そして、ドラマは “第2章” に突入したのですが、まるで、今まで “壮大なオープニング” を見せられていたかのような気分です。


第2章では、小学生だった宮本みゆき(横溝菜帆)は成長し、高校生となっているのすが、この高校生のみゆきを演じている上白石萌歌がまた “いい” です。

横溝菜帆演じるみゆきが、そのまま高校生になれば、おそらく(間違いなく)このような女子高生になっていることでしょう。


さらに、今までその役どころがはっきりとしていなかった佐藤健も第6話にして始めて “まともに” ストーリーに加わってきた感じです。


「アンパンだけしか美味しくないパン屋に再就職」 という展開も良いです。


もう完全に、毎週見逃せなくなってしまいました。


第6話は、本当に “あまりにも衝撃的で、素晴らしい” 展開でした。


今期に始まったドラマの中で 「毎週観続けてきて良かった」 と思えるドラマのひとつです。


宮本みゆきと黒田大樹の “奇跡” の方も気になりますね。


▼ 原作本はこちら



義母と娘のブルース(上) (ぶんか社コミックス)
義母と娘のブルース (下) (ぶんか社コミックス)






posted by Descartes at 22:52 | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする