新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年06月18日

AKB総選挙 2018

先週末に行われました「AKB48選抜総選挙」のフジテレビの中継の平均視聴率が11.0%で、“過去最低” だったそうです。

 16日に生中継されたフジテレビ「第10回AKB48総選挙」の平均視聴率は11・0%(後8・51〜9・24)だったことが18日、分かった(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)。
 番組前半は5・7%(後7・00〜8・51)。瞬間最高視聴率は午後8時59分の13・8%。HKT48の宮脇咲良(20)の3位が発表された場面だった。(中略)フジテレビがAKB選抜総選挙の生中継特番を組むのは7年連続。平均視聴率は12年(1位・大島優子)が18・7%、13年(1位・指原莉乃)が20・3%、14年(1位・渡辺麻友)が16・2%(第2部)、15年(1位・指原莉乃)が18・8%(第3部)、16年(1位・指原莉乃)が17・6%(第3部)、17年(1位・指原莉乃)が13・2%(後半)だった。
(「スポニチ Annex」より)


AKB総選挙(中継)は、いつの年からか、私の中でも “毎年観る” 好例の番組となっています。

ドラマや映画ではないので、内容が面白いとかつまらないとかそういうことではないのですが、私個人としては、今年の内容がつまらなかったとか、そういうことは全く無かったです。

それでも視聴率が落ちて来ているというのは、やはり、AKBグループの活動に注目する人たちが徐々に減ってきているということでしょうか。


元々、AKB総選挙は、応援しているメンバー(あるいはグループ)が存在するか、あるいはその年の総選挙の “背景(あるいは設定)” をある程度把握していないと楽しめないものです。

例えは良くないですが、馬の名前もルールも知らない人は競馬に興味が無いのと同じです。


そういう意味では、「前田敦子 vs 大島優子」あるいは「指原莉乃の台頭」など、誰にでもわかりやすいストーリーがあった頃の方が、楽しめたのかもしれません。


特に今年は “絶対的なヒーロー(ヒロイン)” がいなかったということもあります。


(私的な意見も入っていますが)今年の注目ポイントは

 @ 荻野由佳がどこまで上に行くのか
 A 宮脇咲良は松井珠理奈を破ることが出来るのか

ということだったのではないでしょうか。


そういう意味では、「瞬間最高視聴率はHKT48の宮脇咲良の3位が発表された場面だった」というのも頷ける気がします。


私個人は、昨年からNGT48グループを応援しているのですが、今年の総選挙で一番印象に残っていることは、荻野由佳が第4位となったことではなくて、「宮脇咲良があまりにかわいそうだった」ということです。


宮脇咲良が、スピーチで何度も「ごめんなさい」言っている姿が、本当に辛かったです。


そして、宮脇咲良の来年の出馬は無いそうです。


来年のAKB総選挙はいったいどうなるのでしょうか。


今年のスピーチの中に「地方グループに頼りっぱなしで(本家の)AKB48の力が落ちてきている」ということがありました。

ここはやはり、横山由依がAKB48として、そして総監督として(自信満々の)松井珠理奈から首位の座を奪い取るしかないのではないでしょうか。


posted by Descartes at 23:06 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

NGT48 荻野由佳、強し

AKB48の「第10回 選抜総選挙」の速報発表がありました。


第1位は、昨年に引き続きNGT48の荻野由佳でした。





 こちら >> 暫定1位〜120位までの投票速報結果 | ORICON NEWS


そして、私が荻野由佳に注目し始めたのは、まさに1年前の「AKB総選挙」の速報発表のニュースを見てからのことです。


正直な話、その(速報)当時は、荻野由佳と聞いても誰のことなのかピンと来ませんでした。


その後、良くも悪くも、荻野由佳はネットニュースなどで多く取り上げられるようになり、私自身も気になっていたので、本人の SHOWROOM配信などをちょくちょくと見るようになりました。

さらに「NGT48のにいがったフレンド」など、東京では観ることのできないローカル番組などもネットにあげられているのを見つけては観るようになり、


 結果、NGT48 “全体の” ファンになりました。


ですから、今日(昨日)の「ニコニコ生放送」の速報発表も、迷わず「NGT48枠(NGT48劇場からの中継)」を選んで観ました。


そして、例年以上に楽しむことが出来たように感じます。


西村菜那子やあゆたろう(中村歩加)の名前が呼ばれたときに「おおっ、すごい」と思い、山田野絵の名前が呼ばれたときに「まさか!」と楽しめたのは、正に1年前の速報発表の日に、荻野由佳に注目し始めたからに他なりません。


そういう意味では、荻野由佳の力はすごいです。


「荻野由佳、強し」です。


思い起こせば、1年前に荻野由佳が速報1位となったとき、一部の心無い人たちは「不正ではないか」というようなことをネットを介して発言していました。

そして、荻野由佳本人はと言うと、SHOWROOM配信で、涙ながらに「私のファンをナメないでください」と言っていたのを今も覚えています。


今年は、もうそのような心無い発言をする人はいません。

今までも不正などなかったことが、1年かけて証明されたとも言えます。


そして、この先(6月16日)には、「AKB48 第10回選抜総選挙」の本選があります。


荻野由佳が1位でも取ろうものならば、どれだけ凄いことでしょうか。


指原莉乃が、はじめて総選挙で1位をとったとき以来の衝撃が、再び起きそうな気がします。



posted by Descartes at 01:23 | Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

輝く!日本レコード大賞

「第59回 輝く!日本レコード大賞」が終わりました。

今年の大賞受賞は、乃木坂46の「インフルエンサー」でした。





すごいです!

やっぱり乃木坂です。





一年の締めくくりとして、この日本レコード大賞の果たす役割は、大きいです。

自分の応援しているアーティストが受賞してくれれば、もちろん嬉しいわけですが、逆に、自分の納得のいかないアーティストが受賞したときの行き場のない気持ちは何とも言えません。


どこかに文句を言うわけにもいかず、かと言って、納得のいく理由を見つけることもできず、悶々とした気持ちのまま、大晦日の「紅白歌合戦」を迎えるわけです。





その点、今年の乃木坂46の受賞は、百点満点でした。


おそらく、多くの人が同じように感じているのではないでしょうか。


これで、少なくとも晴れやかな気分で明日の大晦日を迎えることができます。


乃木坂46の皆様、ありがとうございます。


そして、おめでとうございます。




posted by Descartes at 22:52 | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする