新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2016年09月16日

アニメ聖地とアニメツーリズム協会

「アニメ聖地」全国88カ所を選定する「アニメツーリズム協会」というものが設立されたそうです。

 アニメの舞台になった地域を「アニメ聖地」として選定し、訪日観光客などの呼び込みにつなげる「アニメツーリズム協会」が設立された。全国88カ所を選び、複数の聖地をつなぐ“巡礼”ルートも整備する。観光立国を掲げる政府も協力し、オールジャパン体制で盛り上げていく。
 アニメ聖地とは(1)アニメや漫画の舞台やモデルになった地域や場所、(2)作家ゆかりの街や生家、記念館、(3)作品アドに関連する博物館や施設──と定義。同協会はアニメ聖地として全国88カ所を選定し、これらをつなぐ広域周遊ルートを官民連携で整備する。

(「ITmediaビジネス」より)


映画「君の名は。」の聖地「飛騨市図書館」での『聖地巡礼者』に対する配慮が 《話題》 となっているニュースを先日、目にしたばかりです。


こういった時流に乗っての、「アニメツーリズム協会」設立です。


さっそく、公式サイトを見てみると、

  「公式サイト coming soon!!」
  「聖地88か所 アンケート受付中!」

となっています。

つまり、まだ「聖地88か所」は定まっていないようです。


  ※公式サイトはこちら >> 「アニメツーリズム協会


「聖地88か所」というネーミングは、「四国八十八箇所」に因んでのものでしょうが、実際に88ヵ所を選定するのでしょうか。


逆に、88ヵ所を超えたときはどうするのでしょうか。


「デュラララ!!」の池袋だけでも88ヵ所近くが、すぐに集まりそうな感じです。


そして、この「聖地88か所」の最終選考は、どういった基準で行われるのでしょう。


「聖地88か所」の 《聖地巡礼者》 は、ニュースにもある通り、おもに訪日観光客などを想定しているようです。


少なくとも、「世界線」までをも視野に入れる 《巡礼者》 たちは別のようです。


「アニメ聖地」を明らかにするという目的ではなく、明らかにしたい「アニメ聖地」を紹介するという内容になるでしょう。


アニメ制作に協力してくれたロケ地の「地域振興」が目的です。


それは、それで良いと思います。


海外の日本アニメファンの人たちがたくさん来てくれると良いと思います。

問題は、受け入れる「聖地」側に受け入れ体制ができているかどうかということです。


そうなると今回の「聖地88か所」の最終選考基準は、「観光客の受け入れ体制ができているところ」ということになりそうです。


「(立ち入り・写真撮影が可能な)アニメ聖地観光ガイド」などとすればさらに分り易いでしょうか。


ついでに、「聖地巡礼のルールブック」のようなものもあると良さそうです。



posted by Descartes at 20:00 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

リゼロ ナツキ・スバルのジャージー

現在、日曜深夜に放送中のTVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」が人気です。


原作は、小説投稿サイト「小説家になろう」にて、2012年から連載が始まった同タイトルの作品で、現在も連載中です。


公式略称は「リゼロ」。


その人気ぶりは、「リゼロ」のヒロインのひとり 《レム》 のコスプレーヤーが、夏のコミケに多数出現したことからもうかがい知ることができます。



この「リゼロ」の主人公は、男子高校生のナツキ・スバル(菜月昴)。


ナツキ・スバルはコンビニの帰り道に突然異世界に召喚され、そこで、『死に戻り』という能力を手に入れます。

「死ぬことによって、時間を巻き戻す」という能力です。


この 《ただ一つの能力》 を使って、ナツキ・スバルが幾つもの悲劇の運命を塗り替えていくというのが、この作品の主軸です。


作品のキャッチは、「君を救うためなら、俺は何度もーー死ぬ。」



先ほども申し上げたように、現在は、この作品の登場人物であるレムのコスプレが大人気なのですが、この主人公のナツキ・スバルのコスプレ衣裳もついに発売になるようです。


主人公は、異世界に召喚される前は普通の高校生でしたので、衣裳は、いたって普通の『ジャージ』です。


商品名もそのまま「スバルのジャージ 上下セット」。

コスプレ衣裳大手の「コスパ」から11月に発売されます。


※興味のある方、購入したい方はこちら >> 萌える燃え!二次元コスパ 

 
コスプレ用の衣裳とは言いつつも、普通のしっかりとしたジャージのようです。


つまり、普通に着て歩くことができます。

着て歩くのが恥ずかしいという人でも、普通に部屋着、あるいは寝巻きとして利用できます。


これはなかなか良いのではないでしょうか?


価格は、22,500円(税抜)ですが、これを高いと思うか、妥当だと思うかは、人それぞれです。


posted by Descartes at 21:31 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

スーパー高校生アニメーター Mozuくん @王様のブランチ

今日放送の「王様のブランチ」で、驚きの スーパー高校生 が紹介されました。


その名は Mozuくん です。


本人はシャイなのか、テレビに顔は出さないでということで、その素顔を知ることはできませんでしたが、とにかくすごい高校生 です。


何がすごいのかについては、

まずは、Mozuくん自身のツイッターをご覧ください
 ↓
https://twitter.com/rokubunnnoichi?lang=ja

 ↑
これら全部が、Mozuくん 一人によって作られたジオラマ なのです。


Mozuくんのジオラマ作りは、自分の部屋をそのまま6分の1サイズで再現することからはじめたとのことです。

家具や小物類の汚れやシワまでが、きれいに再現されています。


このジオラマだけでも十分にすごいのに、それだけでは満足せずに、Mozuくんは、ストップモーション・アニメーション の制作も始めます。


始めたきっかけは「ひつじのショーン」。


今日放送の『王様のブランチ』は、「ひつじのショーン」の制作現場などを紹介し、その流れでMozuくんの活動を紹介するという構成でした。

しかし、Mozuくんの作品を見た瞬間に「ひつじのショーン」のことはどこかに行ってしまいました。


「ひつじのショーン」の制作現場では、一日かけても6秒分しか作れないのだそうです。

それで、同じセットを幾つも用意し、多くの人を雇って分業化することによって、何とか凌いでいるとのことでした。


一方の Mozuくんは、すべてをたった一人の作業でこなしてしまいます。


もう、驚愕の存在でしかありません


Mozuくんは、この夏いっぱいをかけて卒業制作に取り掛かるのだそうです。


卒業制作のセットは、自分の通う学校の教室。

すでに6分の1サイズの教室ジオラマは完成していて、机の上に置かれるシャープペンシルまでが、見事に再現されているのには、驚きました。


Mozuくんは、今はスーパー高校生ですが、卒業後は、どのような方向に進んで行くのでしょうか。

今後の活躍が、とても楽しみです。





posted by Descartes at 17:52 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする