新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2018年01月09日

マグネット変換アダプタ

USB端子をマグネット式で着脱できるようにする「マグネット変換アダプタ」という製品があるそうです。


マグネット変換アダプタ.png

  こちら >> マグネット変換アダプタ(915209)


USB端子の先にマグネット着脱式のアダプタを取り付け、受け手であるスマートフォンなどの方にも同じく変換アダプタを付けます。

こうすることにより、充電などを行うときに、いちいちケーブルを抜き差しする必要がなくなるのです。


マグネット変換アダプタ.jpg


近づけるだけで磁石どうしがカチッとくっついてくれるからです。


これは考えたものです。


電気機器や精密機器で壊れやすい(劣化しやすい)箇所というと、このようなケーブルの接合部などです。

それをこのようにマグネット式に変えてしまうことにより、劣化がかなり防げるのではないでしょうか。


さらに、このように丸型の磁石にすることにより、結合の “向き” も気にしないで済むようになります。


マグネット変換コネクタ02.png


これは本当によく考えたものです。


使ってみると、絶対に便利だと思います。


posted by Descartes at 21:02 | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

ダース・ベイダー ストームトルーパー型 ロボット掃除機

Samsung(サムスン)から「スターウォーズ」のダース・ベイダーとストームトルーパー型のロボット掃除機「POWERbot VR7000 Star Wars Edition」が発売になるそうです。


ダース・ベイダーロボット掃除機.png

  こちら >> Samsung POWERbot Star Wars Edition Robot Vacuum | Samsung US


この製品は、スターウォーズ “ファン” とメーカーが、企画段階から協力して開発を進めたということで、デザインや追加機能の面で、ファンも納得の内容に仕上がっているのだそうです。


そして、そのひとつに「本体から音声が流れる」という特徴があります。


現在は、ダース・ベイダー版のみが公開になっていますが、ダース・ベイダー版からは、あの「コォー」という呼吸音が流れるのだそうです。


さらに、あの「テーマ曲」に乗って掃除を始めるのだとか。





障害物を避ける一方で、少しぐらいの段差は乗り越えることが出来、さらに部屋の見取り図を覚えて効率の良い方法を選んで掃除をするというのですから、ロボット掃除機としての機能も優れています。


価格は、ダース・ベイダー版が799ドル(約9万円)、ストームトルーパー版が699ドル(約7万9千円)。

発売は11月5日を予定しているそうです。


これは、映画の公開と共に気になるところですね。


日本での取り扱いは、どのようになっているのでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロボットクリーナー マカロン 【V-BOT 】自走式ロボットクリーナー
価格:6458円(税込、送料無料) (2017/10/20時点)


posted by Descartes at 10:37 | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

瞬足うわばき

YAHOO!ニュースを見ていたところ、アキレスが「瞬足うわばき」という『瞬足』の “上履き版” を開発(発売)しているということを知りました。



瞬足上履き.jpg


(画像:「YAHOO!ニュース」より)


『瞬足』というのは、靴底の形を左右非対称にすることにより、運動場のコーナー走りで差をつけるようにと開発されたシューズのことです。


左右非対称ソール.png


  (画像:「アキレス瞬足クラブ」より)


キャッチコピーは「コーナーで差をつけろ」。


そして、今回発売となった「瞬足うわばき」のキャッチコピーは「校内で差をつけろ」です。


校内の廊下を走ることを推奨しているようにも聞こえますが、YAHOO!ニュースの記事には以下のようなエピソードが載っています。

(前略)これまでアキレスでは、安定した歩行をサポートしたり、長時間履いても疲れにくかったり、といった機能性の高い上履きを展開してきましたが、思うように販売は伸びませんでした。
 2013年には、瞬足のブランド名を冠した内履き・外履き兼用シューズ「瞬足そくいく SKI0010」を発売。東日本大震災時に「上履きのまま高いところへ走って逃げたら助かった」という子どもたちの声を背景に商品化したものです。


子供たちが一日の中で一番長く履いているのが “上履き” です。


そこで、子供たちの足の成長のことを本気で考える「足育(そくいく)」の考えと、万一の被災のときにも身を守るという考えのもとに、このシューズを開発したのだそうです。

そして、このシューズを履いもらう(普及させる)ために、「瞬足」のブランド名が必要だったのでしょう。


決してふだんから校内を走ることを推奨しているわけではありません。

(しかし、子供のことだからきっと走ってしまうとは思うのですが。)


この「瞬足うわばき」は、現在は一部店舗での試験販売中で、来春に本格展開するとのことです。


子供の足のことを考えたら、上履きこそ “良いシューズ” を履かせるべきなのかもしれないですね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アキレス 上履き 校内快足スクールリーダー HRS0040
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/8/19時点)


posted by Descartes at 20:35 | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする