新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年08月11日

全自動衣類折り畳み機 ランドロイド

全自動衣類折り畳み機「ランドロイド」というマシンが、現在予約受付中です。


  こちら >> ランドロイドとは | ランドロイド | 大切な人に、次の自由を。


くしゃくしゃのまま放り込んだ衣類を “全自動” で折り畳んでくれる機械なのですが、以下が以前に発表会が行われたときの映像になります。
          ↓          ↓          ↓




洗濯物の山の中から、それぞれがどのような衣類であるかを認識して、畳むためのプロレスを機械が判断するのだそうです。


そこに利用されているのは、画像解析の技術と人工知能です。


中国で暴走(?)したりと何かと話題になっている人工知能ですが、このようなところにも組み込まれていました。

しかも、PR映像で見る限りでは、衣類の形状だけでなく、色やデザインによって「これはお父さんのシャツ」「これはお母さんのシャツ」というように衣類の仕訳まで行うというのですから、これは本当に “凄い” です。


洗濯物を畳むのが面倒で、部屋干しを多用し、“乾いたものからそのまま着用していく” というようなことは、誰でもがよく行っていることと思います。

そして、長いことサボっていると、真夏になっても長袖のシャツがいつまでも干してある事態に・・・。


その点につき、この「ランドロイド」が普及することで、仕上がった(畳み終わった)衣類はタンスにしまうことが当たり前となり、部屋も随分とすっきりするのではないでしょうか。


しかし、お値段が185万円というのですから、これはかなり高いです。


第一弾の売れ行きがよければ、値段は下がっていくのでしょうか?


発売は年内を予定しているとのことです。


そのうち、洗濯・乾燥機能、そして折り畳み&収納機能付きの “タンス” なども発売されるかもしれませんね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

室内物干し エアコンハンガー エアコン物干 部屋干し ...
価格:1380円(税込、送料別) (2017/8/11時点)


ラベル:洗濯 人工知能
posted by Descartes at 12:28 | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

バイオレットライト

JINS(ジンズ)が、“成長期にある子どもたちの目に必要な「バイオレットライト」を透過するレンズ” というものを開発したそうです。


JINSこどもレンズ.jpg

 こちら >> JINSこどもレンズ | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)


バイオレットライトとは、あまり聞いたことがないですが、“近視の進行を抑制する光” なのだそうです。

具体的には、紫外線の隣に位置する “波長が360〜400nmの光” のことです。


このバイオレットライトがあたることによって、光を網膜の1点に集中させる働きをする “眼軸長” が伸びることを抑制すると言われています。


そして、このバイオレットライトですが、実は、メガネを装着することによりカットされ、目に届くことはありませんでした。


昔から「メガネをかけると目が悪くなる」と言われていたのは、このことが関係していたのかもしれません。


そのバイオレットライトを65%透過させる 「こどもレンズ」 をJINSが開発しました。


このレンズを使用したメガネを使用することによって近視の進行を抑えることが出来るとのことです。


しかし、実は、このバイオレットライトは自然光にしか含まれていません。


つまり、室内にこもっている限り、いくらこのメガネを着用していても全く効果がないのです。


「子どもは外で遊べ」ということですね。



ラベル:近視 メガネ JINS
posted by Descartes at 11:43 | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ごはんが炊ける弁当箱

「ごはんが炊ける弁当箱(JBS-360)」という製品が発売になるのだそうです。


ごはんが炊ける弁当箱.jpg


発売するのは、魔法瓶メーカーの『サーモス』。


電子レンジでご飯を焼いて、そのまま保温容器として利用できるという製品です。


ごはんが炊ける弁当箱01.jpg

@容器に1食分(0.7合)の生米を入れて研ぎ、水を入れ、“炊飯パーツ” を装着して電子レンジで8分加熱します。


ごはんが炊ける弁当箱02.jpg

A炊飯パーツを外してごはん容器フタに付け替え、専用保温ケースに移して30分経てば完成です。


ごはんが炊ける弁当箱03.jpg

Bお弁当箱のようにそのまま持ち歩くこともできます。


これはなかなか良いのではないでしょうか。


手軽に1食分だけを焚くことができるというところが、気に入りました。


ただし、商品名を「ごはんが炊ける “弁当箱” 」とするのならば、専用ポーチに “おかずの容器” を入れられるだけのスペースも設けて欲しいところです。


posted by Descartes at 23:36 | 新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする