新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年09月30日

小松菜奈 写ルンです 即日完売

昨日、ロッテのオンラインショップで「小松菜奈プロデュース 限定カバー 写ルンです」というものが販売され、即日で完売したようです。


 こちら >> 小松菜奈プロデュース 写ルンです: 気ままな日記


記事にあります、ロッテオンラインのサイトを今、訪れますと、「ご指定の商品ページは販売終了か、ただ今お取扱いをしておりません」と表示されます。


小松菜奈写るんです-ロッテオンラインショップ.jpg


「写ルンです」は、現在、若い女性たちの間で大人気で、「売上は、2014年以前の5倍以上に伸びている」ということです。

今回の企画(限定写ルンです)は、ロッテがキシリト−ルガムの発売20周年を記念して行ったものなのですが、幸か不幸か、人気の為たった一日で終了してしまいました。


この結果は、「写ルンです」の人気なのでしょうか。

それとも、小松菜奈の人気なのでしょうか。


いずれにせよ、若い女性たちが賛同しての結果であったように感じます。


「小松菜奈プロデュース 限定カバー 写ルンです」は、同日に二子玉川の『蔦谷家電』でも限定販売されたようですが、そちらのほうはどのような状況だったのでしょうか。


追加販売の有無など、気になります。






posted by Descartes at 08:03 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

24時間テレビ マラソンランナー 当日発表

昨日放送された「行列のできる法律相談所」で、今年の24時間テレビのマラソンランナーが「当日発表」になることが発表されました。


しかも、当日までその本人(ランナー)にも知らされないのだそうです。


その理由については、次のように説明されています。

 放送日まで1カ月を切っても誰が走るのか発表されずに注目を集めていた、日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(8月26〜27日)のチャリティーマラソンランナーは異例の「当日発表」となった。(中略)
 マラソンランナーが当日発表となった理由については「1つ目は、その方が面白い。もう1つはその理由も当日発表します」と羽鳥アナ。「マスコミの皆さんに1つお願いがあります。誰なんだろうと本気で詮索するのはやめてください。温かく見守っていただきたいと思います」とこれまた異例のお願いも出され、続いて「可能性があるのは当日武道館にいる全員。ヒントは走る理由がある人です」とのナレーションも流れた。 (「スポニチアネックス」より引用)


どうも「走る理由がある人」というのがポイントのようです。


当日は、「誰が走るか」ということに加えて「何故走るのか」という部分がとても重要になるように感じます。

「走れメロス」のように、“走らなければならない理由” がしっかりとあるのでしょう。


そして、その理由は “当日に明かされなければならないもの” でなければなりません。


そういった理由から「誰が走るのか詮索するのはやめてください」ということですが、このやり方が正しいのかどうかということに関しては、疑問が大いに残ります。


どのような人であれ、いきなり言われて “24時間走る” ことなど出来ないと思うのです。


よほど体力に自信のある人が指名されるのでしょうか。


しかし、例えプロのランナーであったとしても、“いきなり当日” というのはあり得ません。

体力に加えて、食事や睡眠など “当日に向けての” 調整が絶対に必要になってくるからです。


併走するトレーナーにしても、“初顔合わせ” のランナーでは困ってしまうでしょう。


もしも、何か問題が起きた場合には、この企画を考え出した人の責任であることは100%間違いありません。


そこら辺の認識はあるのでしょうか。


今からでも、(世間にバレないようにでも良いので)本人にだけは伝えるべきと思います。


そして、これまでも「24時間テレビ」は、随分とランナーに対して過酷な試練を与え続けてきたように思います。


ランナーの苦しんでいる様子が視聴率につながるという考えなのでしょう。


番組の趣旨はどこに行ったのか。


もうそろそろ「24時間チャリティーマラソン」はやめても良いような気がします。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

走れメロス【電子書籍】[ 太宰治 ]
価格:432円 (2017/7/31時点)


posted by Descartes at 13:34 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

JR東日本30周年 記念入場券 1634駅コンプリート

今年の4月1日に発足30周年を迎えたJR東日本が「JR東日本30周年 記念入場券(セット)」を10月14日の「鉄道の日」に発売します。


そして本日(21日)、その申し込みがついにスタートしました。


JR東日本30周年-記念入場券.png


 こちら >> JR東日本30周年 記念入場券


JR東日本の全1634駅の硬券タイプの入場券が、コンプリートセットとして発売されるのです。


300セット限定で、専用バインダー付属、

そして、価格は22万8760円です。


1634駅を自分の足で買い求めに行く交通費などを考えると、これは “かなり安い” 価格設定と言えます。


自分の足で集めたものではないという “負い目” はありますが、記念商品なので、そこはまた別の位置付けなのです。


本日より受付を開始し、受付終了は8月21日(月)17時。


受付完了後に再度申込フォームに記入した上で代金を振り込むのですが、先着順ではなく、限定300セットを超える申し込みがあった場合は、なんと “抽選” になるのだそうです。


これは、あらかじめ抽選になることを覚悟しておいたほうが良いかもしれません。


さらに気になることと言えば、商品説明として次のように記載されていることです。


  「記念入場券はバインダーにセットされていない状態で発送します。」


つまり、1634枚の入場券を自分の手でバインダーにセットするということです。


それもまた楽しみの一つでしょうか。




 楽天トラベル


posted by Descartes at 21:28 | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする