楽天市場

2020年01月28日

ごはんバーガーとライスバーガー

日本マクドナルドが「ごはんバーガー」という新メニューを発売するそうです。


 ごはんバーガー.jpg

 こちら >> ボリュームアップ 夜マック | McDonald&'s Japan


このニュースを聞いて、多くの人(おそらく全ての人)が思い浮かんだのが、モスバーガーの「ライスバーガー」のことではないでしょうか。


 こちら >> ライスバーガー 誕生物語 | モスの想い | モスバーガー公式サイト


モスバーガーがライスバーガーを開発した “想い” は「日本人の主食であるごはん(お米)を食べて欲しい」ということであったようです。

そして、その結果、たどりついたのが、今ではお馴染みとなった “焼きおにぎり型” のライスプレートです。

中にはさむもの(具材)は、当然ながら “ごはんに合うもの” が選ばれました。


一方の、マクドナルドのごはんバーガーはどうでしょうか。


スタイルは、モスバーガーの「焼きおにぎり型のライスプレート」を “そのまま” 踏襲しています。

しかし、中にはさむ具材には “大きな違い” があります。


マクドナルドのごはんバーガーのメニューは以下の通り。

 ・ごはんベーコンレタス
 ・ごはんてりやき
 ・ごはんチキンフィレオ

ごはんに合うものを新たに開発したいうことはなく、ふだんのハンバーガーにはさまっているものを “そのまま” ごはんではさんでいるだけです。


言ってみれば、

「パンに合う具材をごはんで食べてみたらどうなるか」

という発想です。


この「形は一緒で、発想はモスバーガーの真逆をいく」スタイルが、吉と出るのかどうか、2月5日の発売開始日が楽しみです。


そして、さらに気になったのが、写真の “具材が大きくはみ出ている” 感じからすると、ライスプレート自体は、“相当に小さい” ことになります。

とても食べにくそうに感じるのは私だけでしょうか。


特に「ごはんてりやき」などは、てりやきソースが垂れてきて、手や服が汚れてしまいそうです。


 ごはんてりやき.png


白い服を着ている日は “要注意” ですね。


 
 楽天市場

 
posted by Descartes at 16:05 | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

うなぎの正しい食べ方

昨晩放送の『石橋貴明のたいむとんねる』という番組で、「うなぎ(うな重)の正しい食べ方」が紹介されていました。

正しい食べ方を教えてくれたのは、日本橋にあるうなぎ割烹の老舗「大江戸」の10代目主人・湧井浩之氏。


結論から先に言うと、以下のような食べ方(順番)になります。


 うなぎの正しい食べ方.jpg


頭のほうから食べ進めて、最後に尻尾のほうを食べるのが “粋(いき)” なのだそうです。(「正しい」とは言わずに「粋」だと言っていました。)


これは、私の食べ方とまったく逆 です。


軽いショックを受けました。


普通は、脂の多い頭(お腹)のほうが美味しいと思うのですが、尻尾のほうは脂が少ない分 “うなぎの旨み” が凝縮されているのだそうです。

さらに、タレもよく絡んでいて “味が濃い” のです。


ですから、一番美味しいところを “最後の一口“ にしたいと思う人は、頭から尻尾に向かって食べ進めていくのがよいのだそうです。


 


さらに、同じような理由から “大きいうなぎ” よりは “小さいうなぎ” を選んだほうが “粋” なのだそうです。

小さいうなぎは、脂は少ないものの、逆に身の味を “濃く” 感じることができるというのが、理由です。


なるほど、という感じです。


しかし、です。


私は「やっぱり大きいうなぎが好き」ですし、「脂がのった頭のほうを最後に食べたい」のです。

ご主人のおっしゃることも分かりますが、やはり、“大きくて脂がのったうなぎ” は美味しいです。


その証拠に、大きいほうが、値段が高いですよね。
(大きいほうが「安く」なっても、大きいほうを食べますが・・・)


“粋” でなくても良いので、これ(うなぎ)に関しては、私は今まで通りの信念を貫きたいと思います。






ラベル:尻尾 うなぎ
posted by Descartes at 20:58 | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

ギガ ビックマック

先日の「グランドビッグマック」ショックが、いまだに消えない為、


 前回の記事はこちら >> グランドビッグマック


リベンジのつもりで、今度は「ギガ ビックマック」を注文してみました。


 20190420_01.JPG 


前回同様、箱がすごく大きいです。

前回は、この後に箱を開けてみて、びっくりしたわけですが、


 20190420_02.JPG


今度は大満足のボリュームです。


しっかりと、パティ(お肉)もはみ出ています。

やはり、こうでなくてはいけません。


ちなみに、前回注文の「グランド ビッグマック」の画像がこちら
         ↓        ↓

 グランドビッグマック03.JPG


アングルが違うので、分かりづらいですが、どう見てもパティははみ出ていません。

思うに(というか、どう考えても)、マクドナルドの人(お店の人)が “中に挟むパティを間違えた” のだと思うのですが、違うのでしょうか。

これは、普通のビッグマック用のパティ(1.3倍でない方)だと思います。


それ位の違いがありました。


お店の人が間違えたのかどうかは、もう一度「グランド ビッグマック」を注文してみれば、はっきりすることですが、


 ・・・それは、多分ないでしょう。


満足した “いい気分” のところで、やめておきたいと思います。





posted by Descartes at 23:59 | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする