楽天市場

2020年04月19日

失われつつある マスクの意義

『毎日新聞』に次のような記事が掲載されていました。

 ハンカチがマスクに早変わり――。マスク不足が続く中、ハンカチを口元にとどめることができる中小企業のアイデア商品に、全国から注文が殺到している。
 岐阜市のシリコーン加工メーカー「タナック」は13日、伸縮素材で作ったマスクフレーム「マスピタ」を発売した。マスクの上から装着し、側面にできやすい隙間(すきま)をなくす機能が本来の売りだったが、代わりにハンカチやガーゼ、クッキングペーパーなどを入れて着ければマスクの代替品になるとして注目され、発売から3日で8000個の注文が全国の企業や学校、自治体から寄せられたという。
(「毎日新聞」より)


 製品情報はこちら >> 株式会社タナック|新商品「マスピタ」


先に断っておきますが、私は、この製品の “新型コロナウィルスに対する効果の云々” を語る目的で、この記事を書いているわけではありません。


 maspita.jpg


この製品は、どんなに優秀な(高密度の)マスクを着用しようとも、皮膚との間に生まれてしまう “隙間” を埋めるために開発された製品であり、そういう意味では、“とても有意義な(有効的な)” 製品と言えます。

しかし、その一方で、「ハンカチやクッキングペーパーでも代替可能というのは、どうか」とのも思うのです。


クッキングペーパー(キッチンペーパー)自体に、ウィルスに対してそこまでの抗力があるでしょうか。


この手の商品(マスクの代替商品)は、最近、特に増えてきています。

大手通販マーケット『楽天市場』で、「なんでもマスク」と検索すると、幾つかの商品がヒットします。


 こちら >> なんでもマスク マスク ストラップ 日本製 A.Y.Judie
     >> マスククリップ ガーゼや布なんでもマスクに早変わり
     >> なんでもマスクにしてしまう マスククリップ


ガーゼやキッチンペーパーなどを折りたたんで、その端をクリップで挟んで耳にかけることで、マスク代わりにしてしまおうというアイテムです。


「まもなく手持ちのマスクの在庫が0(ゼロ)になる」という状況では、“いざというときのために” 是非とも持ってておきたいアイテムだと思います。


しかし、「ウィルスを予防する」あるいは「ウィルスを拡散させない」という目的からみた場合、どれほどに有効なものか、疑問に思わざるを得ません。


花粉症などの影響で、ここまで「使い捨てマスク」が浸透したのは、使い捨てにもかかわらず、あるいは、使い捨てであるが故に、しっかりと “三層構造” などで、ウィルスや花粉をカットする機能が備わっていたからなのです。


しかし、キッチンペーパーや布ハンカチに、そこまでの機能はありません。


もはや、“マスクの意義” は、失われつつあると言えます。


現在、マスクは「新型コロナ対策に参加しています」 という意思表示でしかないと言ってもよいかもしれません。


その原因は、今も続く “マスク不足” です。


まずは、現在のマスク不足状態、そして、いまだに、本来安価であるはずの「使い捨てマスク」が高値で取引されている状態を打破すべきだと思います。


 

 ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】

posted by Descartes at 03:42 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月18日

スマホ 除菌ボックス

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、今、スマホの「除菌ボックス(殺菌ボックス)」が、注目を浴びているのだそうです。


 スマホ除菌ボックス.png

  こちら >> スマホ UV 99.9% 殺菌ボックス


新型コロナウィルスは、ウィルスに汚染されたもの表面を触ることでうつることが分かっています。

つまり、電車のつり革や手すり、そして、毎日使うスマホなどが危険なのです。


スマホは、自分しか使わないものなので安全な気もします。

しかし、他のウィルスと同様、新型コロナウィルスは咳をしたときに飛び散る飛まつから感染し、この飛まつは周囲のものの表面に落ちるほか、空気中にも留まることが分かってきました。


そこで、WHOは、「手を洗うこと」に加えて、「よく触るものの表面を毎日清掃し、消毒することが、感染拡大を防ぐ最大の手段」であると強調しています。

 こちら >> 新型コロナウイルス、表面でどれくらい生きられる? - BBCニュース


そこで、注目を浴びているものの一つが、「スマホの除菌ボックス」です。


 


充電機能が付いているものならば、寝る前にセットしておくことで、翌朝には充電と殺菌が完了しているので、とても便利です。


 >> 【検索】スマホ 除菌ボックス


この機会に購入を検討したいアイテムの一つです。


posted by Descartes at 21:04 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

光で体内時計を調整 AYO ライトセラピーゴーグル

『王様のブランチ』に「AYO ライトセラピーゴーグル」という、とても気になる商品が登場しました。


「買い物の達人」のボーナスチャンスのコーナーでの登場です。


3問中2問正解すると2万円がゲットできるというクイズコーナーで、この商品は第3問目だったのですが、ゲストの亀梨和也がはじめの2問で正解してしまったので、番組での商品説明が少なかったのです。


というわけで、調べてみました。


商品名は「AYO ライトセラピーゴーグル」。


 こちら >> 日中のダルさを「1日20分のブルーライト照射」で解消する画期的なライトセラピーゴーグル「AYO/アイオ」を発表。


「AYO」は、「アイオ」と読むのだそうです。


見た感じは、このようにSFチックな細いメガネの形をしています。


AYO-ライトセラピーゴーグル.png


このデバイスをメガネのようにかけてブルーライトを瞳に照射します。


AYO-ライトセラピーゴーグル_02.jpg


そうすることで、光で体内時計を調整し、睡眠サイクルを整えるのだそうです。





しくみや理論はよく分かりませんが、

 ・睡眠ホルモン「メラトニン」を抑制
 ・睡眠や起床のサイクルを最適に調整

などと説明されています。


時差ボケなども20分で解消するのだそうです。


最近はWワークや副業が当たり前となり、そうなると、どうしても欲しくなるのが「効率的な睡眠」です。

このメガネをかけるだけで、本当に睡眠サイクルを調整することができるのなら、是非とも欲しいところです。


くれぐれも「寝てもいないのに眠気を防ぐためだけに使う」ようなことはしないようにしたいところですが・・・。




posted by Descartes at 09:00 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする