新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2017年07月24日

夏の毛穴対策 ウォーターピーリング

夏になると毛穴対策商品の売れ行きが伸びるのだそうです。


毛穴対策商品というのは、“毛穴につまった頑固な汚れ” を取り除くことを目的とした機器のことです。


いったい何故、夏になると売れはじめるのかというと、そこにはやはり “紫外線” が関係しているようです。

紫外線が強くなると、その紫外線から肌を守るために角質が厚くなるのです。


その角質と皮脂が混ざり合ったものが毛穴に詰まり、そのまま取り除かずにいると、酸化し黒いブツブツへと変化してしまいます。


さらに夏になると、紫外線対策として日焼け止めクリームを使用したり、ファウンデーションを重ね塗りしたりなどで、さらに毛穴に汚れが詰まりがちなのです。


当然、毎日の洗顔は必須ですが、それだけでは不十分で、毛穴の汚れを取り除く作業が別に必要になってきます。


そして、その方法のひとつにテレビで紹介されていた「ピーリング」と呼ばれるものがあります。


ピール(Peel)というと、「皮をむく、剥ぐ」といった意味ですが、痛くはないのでしょうか。


おもにエステサロンでよく行われているのは、「ウォーターピーリング」と呼ばれる方法で、専用の機器を使って “水のみ” で行うそうです。

水しか使わないので、肌への負担が少ないのです。





 こちら >> スマートピール&MEファクター徳用サイズセット ウォーターピーリング


鉄のへらのようなものを肌の上に滑らせているだけのように見えますが、これは、超音波振動で毛穴の奥の汚れを浮き上がらせて、水で吹き飛ばしているのだそうです。


“ピーリング” とは言っていますが、別に皮を薄く剥いでいるわけではありません。


当然、痛くもありません。


安心しました。



※「王様のブランチ」で紹介されていたのはこちらです。
      ↓      ↓

posted by Descartes at 15:39 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

セコム マイドクターウォッチ

セコムが、『セコム・ホームセキュリティ』サービスのオプションとして「マイドクターウォッチ」という “リストバンド型のウェアラブル端末” を発売し始めたのだそうです。


マイドクターウォッチ.png


「身内の “万が一” に備える」 高齢者向けサービスの一環としてあり、その主な用途は「自動通報」、そして「健康管理」です。


突然倒れてしまったときなどで “身体の動きを一定時間検知できない” 場合に、このマイドクターウォッチがセコムに自動通報してくれるのです。

もちろんボタンひとつ押すことにより、自分でセコムに救急通報することもできます。


実は、これらのサービスは、今までも家内の「マイドクター・シリーズ」としてセコムが提供していたものです。

それが、今回、ウェアラブル端末を使用したことによって、同様のサービスを屋外にいるときでも受けられるようになったのです。


これは、大きいと思います。


さらに、突然転倒したときなどの衝撃をマイドクターウォッチが検知し、自動通報させることも可能になりました。


さらにさらに、“万が一”のとき以外には、歩数や消費カロリーなどの活動量データを表示させて日頃の健康管理に役立てることもできるのことです。


セコムは “泥棒から家を守る” というイメージが、個人的には強かったのですが、家ではなく、家族そのものを守っていたのですね。


こちら  ↓  ↓




選ぶなら、セコム・ホームセキュリティ


posted by Descartes at 22:44 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

ギルトフリースナックの定期便 スナックミー

健康やダイエットを志している人たちの間で話題になっているものに 「ギルトフリー食品」 があります。


このギルトフリー食品の “ギルト” というのは、“罪悪感” のことです。


糖質、脂質、グルテンなどの使用を制限している 「ナチュラル&ヘルシー」 な食品のため、“罪悪感なく食べられる” ということで、ギルトフリー食品と呼ばれています。


代表的なものとしては、

 ・オーストラリア発のスイーツである「ブリスボール」
 ・天然の甘味料である「ネイチャースイートソース」
 ・インド料理で用いられているバターオイル「GHEE(ギー)」
 ・カンガルーのお肉「ルーミート」

などがあります。


そして今、ブリスボールのような “ギルトフリースナック” を利用した、「ヘルシースナッキング」 と呼ばれるダイエット法が、海外で流行しているらしいです。


このダイエット法で “心がけること” は、「小腹が空いたときには我慢せずにギルトフリースナックを食べて、空腹を満たす」 ことです。

そうすることにより、空腹時の “どか食い” と、“血糖値の急激な上昇” を避けることができ、結果的に健康とダイエットにつながるということです。


そして、この流行をいち早く聞きつけてか、日本でも 「スナックミー(snaq.me)」 という “ギルトフリースナックの定期便” サービスが開始されています。


 こちら >> snaq.me (スナックミー) | ギルトフリースナックの定期購入サービス


会員登録をしておくことで、毎月あるいは隔週で、6種類のギルトフリースナックが定期的に届くということです。


ギルトフリー食品という言葉自体は随分と定着してきたようですが、まだまだ、どれがギルトフリー食品なのかがわからないのが現状のように思います。

そういった中で、このようなサービスの存在は有り難いのではないでしょうか。


今後、このようなサービス、あるいは、店舗においては販売コーナーなどがますます増えていくように感じます。



posted by Descartes at 18:55 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする