新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

2020年04月19日

失われつつある マスクの意義

『毎日新聞』に次のような記事が掲載されていました。

 ハンカチがマスクに早変わり――。マスク不足が続く中、ハンカチを口元にとどめることができる中小企業のアイデア商品に、全国から注文が殺到している。
 岐阜市のシリコーン加工メーカー「タナック」は13日、伸縮素材で作ったマスクフレーム「マスピタ」を発売した。マスクの上から装着し、側面にできやすい隙間(すきま)をなくす機能が本来の売りだったが、代わりにハンカチやガーゼ、クッキングペーパーなどを入れて着ければマスクの代替品になるとして注目され、発売から3日で8000個の注文が全国の企業や学校、自治体から寄せられたという。
(「毎日新聞」より)


 製品情報はこちら >> 株式会社タナック|新商品「マスピタ」


先に断っておきますが、私は、この製品の “新型コロナウィルスに対する効果の云々” を語る目的で、この記事を書いているわけではありません。


 maspita.jpg


この製品は、どんなに優秀な(高密度の)マスクを着用しようとも、皮膚との間に生まれてしまう “隙間” を埋めるために開発された製品であり、そういう意味では、“とても有意義な(有効的な)” 製品と言えます。

しかし、その一方で、「ハンカチやクッキングペーパーでも代替可能というのは、どうか」とのも思うのです。


クッキングペーパー(キッチンペーパー)自体に、ウィルスに対してそこまでの抗力があるでしょうか。


この手の商品(マスクの代替商品)は、最近、特に増えてきています。

大手通販マーケット『楽天市場』で、「なんでもマスク」と検索すると、幾つかの商品がヒットします。


 こちら >> なんでもマスク マスク ストラップ 日本製 A.Y.Judie
     >> マスククリップ ガーゼや布なんでもマスクに早変わり
     >> なんでもマスクにしてしまう マスククリップ


ガーゼやキッチンペーパーなどを折りたたんで、その端をクリップで挟んで耳にかけることで、マスク代わりにしてしまおうというアイテムです。


「まもなく手持ちのマスクの在庫が0(ゼロ)になる」という状況では、“いざというときのために” 是非とも持ってておきたいアイテムだと思います。


しかし、「ウィルスを予防する」あるいは「ウィルスを拡散させない」という目的からみた場合、どれほどに有効なものか、疑問に思わざるを得ません。


花粉症などの影響で、ここまで「使い捨てマスク」が浸透したのは、使い捨てにもかかわらず、あるいは、使い捨てであるが故に、しっかりと “三層構造” などで、ウィルスや花粉をカットする機能が備わっていたからなのです。


しかし、キッチンペーパーや布ハンカチに、そこまでの機能はありません。


もはや、“マスクの意義” は、失われつつあると言えます。


現在、マスクは「新型コロナ対策に参加しています」 という意思表示でしかないと言ってもよいかもしれません。


その原因は、今も続く “マスク不足” です。


まずは、現在のマスク不足状態、そして、いまだに、本来安価であるはずの「使い捨てマスク」が高値で取引されている状態を打破すべきだと思います。


 

 ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】

posted by Descartes at 03:42 | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月17日

新型コロナ 都内で感染者 200人超え

新型コロナウィルスの東京都内での感染者数が、本日、はじめて “200人超え” となったそうです。

 東京都の小池百合子知事は17日の記者会見で、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに201人確認されたと発表した。1日当たりの感染者として過去最多で、200人を超えたのも初めて。都内の累計感染者は2796人となった。(「読売新聞オンライン」より)



「これは、大変だ!」と、誰もが思うことでしょう。


しかし同時に、ある意味、“予測通り” の結果と言うこともできます。


そもそも 新型コロナウィルス(の感染)については、「2週間前の行動の結果が、(現在の)数字に表れる」ということが、前々から言われてきました。


緊急事態宣言が発出されたのは、4月7日(実質稼働日は4月11日)。


つまり、今週末から来週頭にかけて “200人超え” “300人超え” となるであろうことを予測して、発出されたわけです。


今、一番いけないことは

 「外出も自粛しているのに、
  全然結果が出ていないじゃないか」


と考えてしまうことです。


本当の結果が表れるのは、(4月7日から)2週間後の数字です。


むしろ、今は

 「こういったことを予測しての
  緊急事態宣言だったのか」


と、ここまでの予測が正しかったことを評価しなくてはなりません。


そうでなければ、

多くのことを犠牲にしている “今” が、あまりに報われないからです。



 

 PM2.5・花粉・ウイルス対策に【レンタル空気清浄機】


posted by Descartes at 19:50 | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

雨がっぱ 買い取り

大阪市が、新型コロナウィルスの防護服として “雨がっぱ” の買い取りを行なうことを “家庭に” 呼びかけているそうです。

 大阪市の松井一郎市長は14日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い大阪府内の医療現場で防護服が不足していることを受け、「家庭に使用していない雨がっぱがある人、在庫が余っている人はぜひ大阪府市に連絡してほしい。しっかりと購入させていただく」と述べ、提供を呼び掛けた。
(「時事ドットコム」より)


  amagappa.png


このニュース記事から分かることは

 @ 大阪府の医療現場で防護服が不足していること
 A “雨がっぱ” が、防護服代わりになること

です。


そして、私が思うことは

 B 何故、一般家庭に向けて発信したのだろうか?

ということです。


“雨がっぱ” が、防護服代わりになり、不足しているのであれば、まずは業者に提供をお願いするのが最初ではないでしょうか。


 
    (ココデカウ


実際に、ネット通販で「レインコート」と検索してみると、まだまだ市場には在庫があることが分かります。

キーワード:



そのような状況の中、このような発言をすることは、マスクのときと同様に、今度は「雨がっぱの買い占め」が始まってしまうのではないかと、心配になります。


そして、雨がっぱを買えなかった人の “不安” を煽ることになるのです。


医療現場が逼迫していることを市民にアピールしたかったのかもしれませんが、

ひとつの発言が、どのような結果を生み出すことになるのか(可能性があるのか)、よく考えてから発言すべきではなかったか、と思います。



 
 
 ▸ 除菌水ジーアなら新鮮な次亜塩素酸水が毎月届く



posted by Descartes at 00:23 | 我思う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする